抽象度の高い「メタ論理」を使って、全てを変えていくために

「認知科学」で自己を変えて、投資やビジネスや人生に成功する方法

「コーチング「幸せの創造」

「ゴール」の達成には努力はいらない、とは? 努力は Have to の証拠?!

投稿日:

 

「ゴール」は簡単に達成できる!?

コーチングをごぞんじない方は、自分のゴールを達成するのに、血の滲むような努力を、永遠とも思えるような時間の中で繰り広げて、初めてできるものだ、と考えがちです。

 

そして一方で、真面目な方ほど、頑張って、頑張りぬいたその先の、ゴールの果実が目の前に迫っているところで力尽きてしまいす。

 

 

そして、もっと頑張らなければ、やる気を出さなければと自らを消耗させてしまうのです。

 

もし、あなたにそのようなご経験があるのであれば、ゴール達成の考えを見直されると良いです。

 

Goalを達成には「やる気」や「頑張り」は邪魔

 

Goalを達成していくのに、「やる気」や「頑張り」などは全く不要であり、むしろ害でしかなく、必要のない関数なのです。

 

逆にもしやる気がでないのであれば、積極的に「休め」と言います。とにかく休めと。

何かあればすぐに「休め」ということです。

 

もちろん、それぞれのクライアントの状況にもよりますが、大体のクライアントさんはゴールを達成しようとすると、いつも何か、頑張りすぎたり、力みすぎたり、心と身体がガチガチに固まってしまいます。

 

そして、だんだんやる気や頑張りが減退してくると、エフィカシー(自己能力の自己評価)を下げます。

 

それは、負のスパイラルなのであり、断ち切らなければならない行動パターンの一つです。

 

あなたは特になにもしなくていいのです。

何もする必要はないのです。

 

もしいやであれば、明日会社に行かなくても良いですし、家事も育児もしなくていいのです。(もちろん自己責任ですし、状況にもよりますが)

 

 

なにが言いたいかといえば、この世に生まれて、あなたが「しなければならないこと」「have to」なものなど、実は一つもないということなのです。

ですから、「やる気」などいらないのです。

そのゴールがwant toであれば、自然とやってしまうからです。

 

つまり本当のwant toでやっていると、頑張っている感じが全くしないのに達成してしまいます。

「あれ??」という感覚です。

 

もちろん「なにもしない」わけではありません。

行動はありますよ。

 

ですが、want toに任せていれば、いつのまにかなんとなく達成してしまっているという意味においてです。

 

逆に言えば、がんばらなければ出来ないことは、本当のゴールではないかもしれませんね。

 

もし悩むようであれば、一度、内観してみてください。

 

「本物」のFX投資ノウハウ、情報

「本質のFXトレーディングノウハウと最新情報」


 

 

人気記事

-「コーチング「幸せの創造」

Copyright© 「認知科学」で自己を変えて、投資やビジネスや人生に成功する方法 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.