抽象度の高い「メタ論理」を使って、全てを変えていくために

「認知科学」で自己を変えて、投資やビジネスや人生に成功する方法

未分類

「海外旅行が多い方」必見! 意外と知らないキャリーケースのデメリットとは?

投稿日:

 

今回の記事は、まだお若いのに年間24回以上も海外旅行をしてらっしゃる、
ある知り合いの方の情報です。シェアしたいと思います。

 

今後私も、日本とヨーロッパ各地を回ってまた帰ってくる予定というか、
別に自分から回りたいのではないのですが、しょうがなくというか、

 

どうしてもというか。

 

ともかく、どうしても海外に行く時には、面倒くさいし重いのにキャリーケースを持っていかなければいけない、と思い込んでいた私の盲点が分かりました。

 

ぜひ、旅の達人の情報をお読みくださいね。

 

【年間24回海外】旅を圧倒的に楽にする方法とは?

http://ando-toyohiro.com

年間移動距離20万キロ以上、海外は年間24回ペース、.海外滞在は月の半分。
本拠地である〇〇○の滞在は、一ヶ月のうちたった8日、残りは県外か海外にいる

そんな僕が旅の中で気付いたこと

 

みなさんこんばんわ、日本のご飯は激ウマです
いちご社長です

 

荷物運びの不便さについて

 

今回はこれにフォーカスを置いて書きたいと思います。

 

【ハードケースキャリーケース時代】

 

ネットで15000円程度で買えるあれです。比較的軽くて便利です。

 

が、ついつい物を買いすぎてしまうと閉じる時に中身がグシャってなるし、キャリーケース案外脆くてしっかりとした高級品じゃない限り、海外3回ほどでどこかがぶっ壊れます。

 

都度、海外旅行保険の申請も煩わしいし、免責で3000円カットされるから購入金額-3000円
もしくは部位によっては修理をすると赤字という謎の展開になります。

 

【スーパーハードケースキャリーケース時代】

 

ネットで買うと30000円以上のやつです。

 

ハードケースキャリーがよく壊れるので
少し奮発して買ってみました。

 

外が頑丈な作りのキャリーケースでなかなかぶっ壊れません。
外側が固くて耐久性は抜群ですが、本体がとても重いため、荷物制限によく引っかかります。

 

荷物23キロまでとかだと、中に入れる物によっては全然入りませんし、
LCC乗ると受託手荷物で結構な金額が取られます。

 

よってこれが僕的に一番ナンセンスです。

 

【ソフトキャリーケース時代】

 

ソフトキャリーケースは素晴らしい一品です。

 

軽いし、安いし、荷物も入るし、そしてなかなか壊れない。

 

問題点としては、雨に濡れるとヤバイというのと、外側が柔らかいため、中の箱とかともれなく潰れます。

 

よって、お土産に箱詰めのお菓子を買う方などにはこれは不向きです。

 

【現在】

 

目的地を設定して海外に行くわけですが、
現地で話を聞いてるうちに、違うところに突然行きたくなったりします。

 

例えば、ベトナムのホーチミンが元々の目的地だとした時に、ホーチミンでニャチャンの話を聞いたとしてどうしても行きたくなった時に陸路で行くのはナンセンス。

 

すると、飛行機をとるわけですが、LCCだと安いのでLCCをとるわけです。

 

ですが、荷物一個預けるだけで3000円とかかかるわけですよ
往復で6000円。
航空券が片道6000円なのに荷物だけで往復6000円、、、

 

と、貧乏性な僕はなってしまいます。

 

そういったイレギュラーに対応できるのが、リュックサック一つです。

 

中に折りたためるボストンバッグを入れるとさらに幅は広がります。

 

これ何が良いかって

 

 

・荷物を待たなくていい

 

空港出るときの荷物待ちの時間が本当に無駄だと思ってしまう、もちろんビジネスとかにすればプライオリティで荷物は早く出てくるわけですが、毎回ビジネスってわけにも。。

 

 

・LCCに追加料金なしで乗れる

 

先ほど書いたようにLCCは受託手荷物に追加料金が必要ですが、機内持ち込みなので費用は0円です!

 

でも、リュックサック一つだと荷物そんなに持ってけないしお土産だって買えないじゃん、と、思ってるあなたへ。

 

まず荷物なのですが必要最低限にします。

 

マスクだったりティッシュだったりウェットティッシュだったり、最低限の個数しか持って行きません。
化粧水が必要なら使い捨てのやつを日数分とかにすればいいと思います。

 

ドライヤーは四つ星以上には基本ついてますから、三つ星以下に泊まる旅でなければ必要ありませんし、歯ブラシは現地調達すればいいです。

 

問題の服ですが、パンツやティーシャツを捨ててもいいものを必要日数分持って
都度捨てて行きます。

 

ちなみに僕は、靴も捨てて行きます。

 

捨てる靴を履いて、海外へ行って現地でサンダル買って現地で靴を購入して
サンダルを捨てていく
(街にいる欲しそうな人にあげる)

 

海外へ行って思いませんか?

 

この荷物不必要だったなとか、ホテル着いてキャリー開けて、部屋の各所に配置して初日が終わるとか。
そんな悩みから解決されます

 

もう一つの問題のお土産なのですが

 

「お土産問題」は?

 

現地でお土産を購入した際にダンボールと言うと海外では伝わりません。
ペーパーボックスをもらいます。

 

そこにお土産やら、リュックサックにもう入れる必要のないものをガンガン詰めて
テープで蓋をして、受託手荷物で預け入れます。

 

その後、日本へ帰ってきたら、ヤマトかJAL ABCあたりで自宅へ郵送してしまいます。
ちなみにAMEXプラチナカードだと、2個まで無料で自宅まで宅配してくれます

 

どうですか?便利じゃないですか?

 

ダンボールなので壊れても痛くも痒くもありませんし、
行きは荷物を待たなくてもいい必要なものは現地で購入すればいいだけです。

 

不必要なものを捨てる良いきっかけにもなるかと思います。

 

上記の方法は、ホテルを連泊しないで色々転々としたい人には特におすすめです。

 

いかがでしたか?

 

人によっては動きがバックパッカーだと思うかも知れませんが、
国内、国外問わず日々飛び回ってる結果、これがベストだとたどり着きました。

 

もちろん、仕事でスーツが必要だったり、準備が色々必要な旅ではキャリーケースを持って移動しますが、
そうじゃなくて純粋に楽しみに行く!とか
ライトな出張の場合は一度試してみてください

 

キャリーケース持つのが煩わしくなります!

 

 

「本物」のFX投資ノウハウ、情報

「本質のFXトレーディングノウハウと最新情報」


 

 

「日本ーウクライナーロシア」国際交流フォーラム

「日本ーウクライナーロシア国際交流フォーラム」

 

 

人気記事

-未分類

Copyright© 「認知科学」で自己を変えて、投資やビジネスや人生に成功する方法 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.