抽象度の高い「メタ論理」を使って、全てを変えていくために

「認知科学」で自己を変えて、投資やビジネスや人生に成功する方法

「マーケティング」

「ランチェスター戦略」と中小企業の強みとの関係とは?

投稿日:2018年7月3日 更新日:

本当の中小企業の強みとは一体何か?考察してみる

よくある中小企業のパターン

 

よくある中小企業のパターンとしては、会社が、経営者の性格や考え方を反映しすぎてバイアスというか、偏りがちな経営をしてしまうことです。

 

例えばポジティブ思考の強い経営者の場合だと、会社は、営業や集客ばかりに力をいれがちですね。

 

その結果として、顧客フォローがおざなりになり、苦情がよく起こり、スタッフが疲弊して離職率が高くなることがあります。

 

別のパターンだと、経営者の自己顕示欲や承認欲求が強い方が経営をすると、とにかく細かく仕事をチェックしがちなので、人間不信でウツやノイローゼになる社員が出てきます。

 

あまりチェックが多いと、「経営者から、大切に扱われていない」
という理由で、スタッフが離職してしまいます。

 

また、管理者がいる場合、
管理項目が多すぎて、疲れてしまいます。

 

こういった例は、いくらでも挙げられます(笑)

 

このように、中小企業ほど、経営者の性格や考え方がビジネスに強く反映されすぎてしまいます。

 

中小企業のつよみ

 

ただし、逆に言えば、ビジネスに、経営者の性格や考え方が反映されるのは
悪いことばかりではありません。

 

 

例えば、中小企業の方が、大企業よりも意思決定が早いこと、とか。

小回りが効きやすく、新しい事業を始めやすいこと、とか。

また、顧客の数が、大企業よりも少ないので、
1人1人のお客様と、密接なコミュニケーションが
できること、とか。

 

私がここで言いたいことは、経営者の性格や考え方を
そのまま強みにしやすい、ということです。

 

つまり、経営者の性格や考え方が、そのまま競争優位性になるのです。

 

このように、中小企業では商品にせよ、販売方法にせよ、

「経営者の考え方に合ったもの」にすることで、自然と差別化でき、
自然と競争優位性を作れるのです。

 

 

「本物」のFX投資ノウハウ、情報

「本質のFXトレーディングノウハウと最新情報」


 

 

人気記事

-「マーケティング」

Copyright© 「認知科学」で自己を変えて、投資やビジネスや人生に成功する方法 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.