抽象度の高い「メタ論理」を使って、全てを変えていくために

「認知科学」で自己を変えて、投資やビジネスや人生に成功する方法

「成功マインド」

リアリティや臨場感のない目標では、あなたは成功できない理由とは?

投稿日:

よく、セミナーでこんな言葉を聞かれたことがないでしょうか?

 

セミナーの講師の方が、生徒に目標設定をさせるのですが、こんなことを言われませんか?

 

「目標は、必ず完了形で書きましょう。

来年までに月収100万をかせぐ

ではなくて、

 

わたしはすでに月収100万を稼いでいる、

というようにしてください。

こうすることで、私たちの脳はその目標を達成したと勘違いするので、目標を達成しやすくなるのです」

 

えっ、本当にそうなんですか?

そんな訳がないですよね(笑)

 

そのセミナーの先生は、そんな小手先のテクニックで、目標達成率が上がると信じているのでしょうか?

 

また、どこにそれを証明するようなデータがあるのでしょうか?

 

目標設定のときに、完了形の目標よりも重要なことは?

 

「その設定した目標が達成できそうだと実感できるか?
達成できそうな、リアルな臨場感があるか?」

ということが一番重要です。

 

このリアリティや臨場感があれば、あなたにモチベーションなんてなくても、人は行動できますね。

 

逆に、いくら目標を完了形で書いたとしても、目標を達成できそうな実感・臨場感がないと人は行動が起こせません。

 

せいぜい3日くらいは、意思の力で無理やり行動できますが、どうせその後、行動できなくなるので、三日坊主になります。

 

わかりますよね(笑)

 

ですので、完了形で書くうんぬんよりも、目標を達成できそうな実感・臨場感の方がはるかに重要な要素なのです。

 

自信過剰バイアスがあると、あなたは成功できない?

 

人間には、「自信過剰バイアス」というものがあって、特に成功できていない人ほど、自分の実力を過剰に評価しています。

 

投資も、ビジネスも、ゴルフも、恋愛など全てにおいてです。

 

成功できていない方ほど、

「こんな簡単なこと、自分にもすぐできるだろう」

と考えがちなのですが、実際はうまくできるようになるまで時間がかかる傾向にありますね。

 

つまりは、あなたは、
「じぶんの実力は、じぶんで思っているよりもかなり低い」

という前提に立たないと、専門家からすると明らかに無理なのに、目標を達成できそうな実感・臨場感が生まれてしまいます。

 

仮に、目標を達成できそうな実感・臨場感があっても、実際にやってみると目標達成できないのは、私たちが自分の実力を過剰に評価する傾向にあるからなのです。

 

また、自己啓発の業界では、「根拠の無い自信を持て」という、 よく分からない教えがありますが、こんなものを間に受けてはいけないと思います。

 

まとめ

 

成功するためには、

「私の実力は、私が思っているよりもかなり低い」

 

という前提に立った上で、達成できそうな実感・臨場感がある目標を立てる、ということが重要ということですね。

 

 

「本物」のFX投資ノウハウ、情報

「本質のFXトレーディングノウハウと最新情報」


 

 

人気記事

-「成功マインド」

Copyright© 「認知科学」で自己を変えて、投資やビジネスや人生に成功する方法 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.