「株式投資」

中国株急落暴落中?![上海総合株価指数]、2500ポイント割れ

投稿日:

1411月以来の安値、中国人投資家、総悲観か?

 

スポンサードリンク

 

18日の中国株式相場は下落。上海総合指数が2500を割り込んで引けた。人民元もぼぼ2年ぶりの安値となる。

 

上海総合指数は前日比2.9%安の2486.42と、終値としては2014年11月以来の安値。

今年1月の高値からの下落率は約30%に達した。

 

[上海総合株価指数月足]

 

[上海総合株価指数週足]

 

[上海総合株価指数日足]

 

北京トォンリンションタイ・アセット・マネジメントのファンドマネジャー、トゥン・パオチェン氏は、

「極端に悲観的な雰囲気」があると指摘し、

「国が介入していて当然の状況だ」

とコメントしています。

 

上海総合指数について

 

A株・B株とは?

 

中国株市場(上海証券取引所・深セン証券取引所)の特徴として、1企業がA株・B株という株式を流通させていることが挙げられます。

 

A株・・・売買は中国籍の法人・個人に限定。人民元建て。
B株・・・売買は外国人の投資が可能。外貨建て。

 

中国株、暴落のタイミング

 

上海総合指数の過去データ(2005年~)から中国株暴落の時期をみていきますと、

上海総合指数が3000を超えると暴落しています。

 

 

2018,10,14 今後の 「日経平均株価」 の動きを読む。不気味な「FANG指数」とは?

 

今後の中国株大暴落3つのリスク

 

中国の「経済減速」と「人民元安」、「不動産バブル崩壊」

 

中国の「経済減速」

中国の経済の減速懸念は根強く、20169月の貿易統計では、8月に増加に転じていた輸入が前年比-1.9%、輸出が前年比-10%と輸出に至っては、2009年以来の落ち込みでした。

 

また、不動産バブル崩壊は、近年かつてない世界大不況の引き金として、世界の株式相場を大暴落に導く可能性があります。


中国の景気後退も人民元安が原因で一時的な暴落はありえますが、本格的な世界同時株大暴落は不動産バブルが崩壊すれば、非常に現実的な話となります。

 

人民元安がおこること

人民元が安くなった場合、投資家が資金を海外に移転するために国内の株式などを売り払い、ドルなどの海外の安全資産への投資に切り変える行動にでます。

それによって世界株安が引き起こされる可能性があります。

 

不動産バブルの崩壊の恐怖

「中国の70都市住宅価格指数」という住宅価格を前年比で指数化する数値があります。


2016
8月は9.2%増(前年比)で、前月比の住宅価格上昇都市数も64と、それまで連続で減少していたにも拘わらず上昇。 なお、今現在も住宅価格が高騰中です。

 

 

中国の国民は、当局の規制の間をぬって、投資を続けています。

 

例えば当局は、1世帯が1件目に購入する物件に関しては30%の自己資金で融資可能ですが、2件目からは70%の自己資金がなければ融資ができないようにルール化しています。

 

しかし、1世帯と世帯を単位としているので、離婚することによって2世帯になって、物件を買う人が存在します。

 

当局からの融資が続く限り不動産購入の意欲も衰えることがなさそうですので、いつか金融規制が入り、当然かつての日本の不動産バブル崩壊と同じように、中国のバブルも崩壊すると思われます。

 

IMFなど国際金融機関から、中国の債務問題に対策が必要との報告書

 

IMF(国際通貨基金)は、2016年10月14日付けの報告書が2016年10月18日に公開され、その中で中国の信用の伸びは世界的な基準から見ても「非常に早い」と指摘しており、包括的に債務問題に対策しなければ、銀行危機や景気後退の可能性があると報告しています。

また、ついにIMF(国際通貨基金)も、中国の銀行の不良債権問題に言及しています。

 

IMFなどの国際金融機関の報告書が引き金になり、今後の景気後退の憶測が広がり、株価暴落することもありますので、報告書には注意が必要です。

 

世界株価暴落の始まりなのか。株価暴落を示すチャートとは?ドイツ銀行破綻のXデーはいつくるのか?

 

 

-「株式投資」

Copyright© 認知科学で自己を変えて、ビジネスや人生や投資に成功する方法 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.