抽象度の高い「メタ論理」を使って、全てを変えていくために

「認知科学」で自己を変えて、投資やビジネスや人生に成功する方法

「コーチング「幸せの創造」

成功者のモデリングすることと、コーチングの本質とは?

投稿日:

モデリングの注意点と、コーチングの考え方

 

モデリングとは、メンターや先生、師匠の言葉や考えただけでなく、身振り手振りや生活習慣、行動する範囲を可能な限り真似て行くんです。

 

実はこれ、コーチング理論で言うとセルフイメージを
書き換えているということなんです。

セルフイメージの書き換えには、
アファメーションやビジュアライズなどいろいろな方法がありますが、

結局一番効果的なのは実際に行動してみるということなんです。

 

セルフイメージが書き変われば行動できるということは、

逆に言えば行動してしまえば勝手にセルフイメージは変わってしまうんです。

 

もちろん、新しい行動をとればコンフォートゾーンの外側に出るので
緊張したりありえないようなミスをするかもしれませんが、

その時はポジティブなセルフトークとアファメーションで
その新しい環境に馴染むようにすれば良いんです。

 

先生やメンター、師匠というのは自分のコンフォートんゾーンの中で認識できるギリギリの存在なわけです。

 

メンターや師匠という人はすごくレベルが高いんだけれども、
何かのきっかけや縁で偶然繋がることができている。

自分を上の世界に連れて行ってくれる。そんな存在なんです。

 

スターウォーズで言えばヨーダみたいな存在です。

 

で、その師匠が行くところや身振り手振りを心の底から同調してコピーすることで、その行動や言葉の意味の断片が理解できるようになり、
自分のスコトーマが外れるとともにセルフイメージが一歩高いレベルに近づくんです。

 

ちなみに注意して欲しいのは、どれだけ頑張って同調してコピーしたとしても
それは完璧なコピーになることはないということです。

 

これは残念なことなのですが、上のレベルから下のことは理解できても
下から上のレベルを全て理解することは出来ないようになっています。

 

ただ、メンターや師匠、先生やコーチがいう事を実践するうちにその意味が頭だけでなく実際に体で理解できるようになり、
レベルが上がっていくことで徐々に先生の真意を汲み取れるようになっていきます。

 

ゴールを探すと出てくる問題とは?

 

そして、コーチングを学ぶことで自由にゴールを設定することを学んだとします。

ただ、それと同時に本当のゴールとは何なのか?

もっと言えば人は何のために生きるのか?
という哲学的な問いに直面してしまうことがあります。

 

哲学的な問いかけというのは劇薬なんです。
しかしそれは確実に、人生を変えてくれます。

 

でも、同時に自由を獲得するための産みの苦しみももたらすんです。
それは自分の実力や知識不足を痛感するということだったりします。

 

その実力不足、知識不足、経験不足をカバーするための方法が

師匠、コーチ、メンター、先生を徹底的にコピーするという方法なんです。

成功者を見た時に私たちはすぐにこんな風に思います。
あの人みたいにお金やチャンスやルックスや頭の良さがあれば
自分だってもっと成功に近づけるんだろうな、と。

 

でも、それは成功とか成長を舐めすぎなんです。

どんな人だって失敗や苦労をしているし、そこから学びながら
自分をアップデートさせて今のポジションを手に入れたんです。

 

もし、仮に僕らに才能やお金という恵まれたものがないとすれば、
成功者に近づくためにはより効率よく行動して、より素早く自分をアップデートする以外に方法はないわけです。

 

経験や努力をどれだけ重ねても、
それが自分のコンフォートゾーンの内側での出来事ならば
ずーっと同じことの繰り返しになってしまいます。

 

常識はずれな成長を成し遂げるには、
コンフォートゾーンの外側に飛び出て行動することが求められます。

 

それが師匠の行動や考えをしっかりとモデリングして同調するということです。

 

同調するには実際に行動を真似るという方法と、その人の会話やセミナーを録音て
その人の話し方をコピーするという方法があります。

 

これは英語の学習 法で使われるシャードイングと同じです。
実際にその先生になりきって会話をトレースすることで、
無意識に師匠の考えを落とし込むことが出来ます。

 

これは実際にやってみて欲しいのですが、
音声教材やセミナーを再生してそれを聞きながらシャドーイングすると、
上手にコピーできないところが出てくるんです。

 

実はそこが「理解しているようで理解できてなかった」ポイントなんです。

 

人間というのは自分の実力を過大評価するバイアスがかかっています。

セミナーや教材を一度聞くと、全部理解したと思い込んでしまうんですね。

 

でも、完璧に理解できてるならその先生と同じ結果が出せるはずなんです。
それなのに結果が出ないということはどこかに間違いがある。

 

結局、自分のコンフォートゾーンに閉じこもってどれだけ上手によっても
結局は自分で決めた制限から脱出することはできないんです。

 

だから、自分よりも広い世界大きな世界で
生きている人のところに飛び込んでみるしかない。

 

もちろん、下から上は見えないんで飛び込んだ世界が
どんな風になってるかはわかりません。

 

ただ、内側から外側に出ることができた。

その時点でひとつあなたは「成功」したわけです。

人間は完全じゃないので、失敗することもあります。

 

ただ、失敗を繰り返すうちにスキルが身につき、見る目が養われて
新しい環境にも素早く適応できるようになっていきます。

 

そうなると、あとは自分の可能性が広がる世界だけになっていきます。
そのためにも一歩、自分の限界を超えてみましょう。

 

コーチングができる事

 

コーチングというのは認知科学という非常に抽象度の高いパラダイムです。

そのパラダイムを使って思考すると、こういう視点になりますよ。

こうやって視点を共有して、新しい世界を見ることによってあなたの可能性や本当にやりたいことが広がっていくんです。

 

そして、自分の視点から他者の視点へとシフトチェンジするという経験をすることで、
「視点の変更」自体に拒否感がなくなっていきます。

 

そうすることで、より自由に理想の世界へ移動することができるようになります。

 

 

「本物」のFX投資ノウハウ、情報

「本質のFXトレーディングノウハウと最新情報」


 

 

人気記事

-「コーチング「幸せの創造」

Copyright© 「認知科学」で自己を変えて、投資やビジネスや人生に成功する方法 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.