抽象度の高い「メタ論理」を使って、全てを変えていくために

「認知科学」で自己を変えて、投資やビジネスや人生に成功する方法

「コーチング「幸せの創造」

「メメント・モリ」 死を考えると初めて、今に生きられる!?

投稿日:2018年7月31日 更新日:

 

今に生きる簡単な方法とは死を考えること?

宗教には、あらゆるヒーリングも瞑想もそのルーツがあります。

 

そして、宗教は全てが死について考えるために存在しています。 

 

ですから、死」と向き合うというのは ありとあらゆる瞑想やヒーリングに通じます。

「死」というのは重要なものなのです。

 

ただ、「死」を語るときに難しいのは生きている人間は、誰も死んだことがないという難点を抱えている点にあります。

 

コーチングにおいては、「死」について考えることで、今生きている私たちの マインドが変わることを目的にしています。

 

そういう意味では「死」というテーマで 、思考実験を行うという感じかもしれませんね。

 

死という絶対的で圧倒的な体験について「正しく」考えることで、自分の人生について問い直すことが出来るからです。

 

僕は「時間がない」、とか「ついつい現状を維持してしまう」みたいなことをいう人を見ると、いつまで生きてるつもりなんだろう?と思ってしまうことがあります。

 

それは前頭前野を使ってないわけです。

 

思考停止、思考放棄の産物としての現状維持のための嘘のwant toなんです。

 

じゃあ、そういう思考停止、思考放棄の半ば眠っているような意識から覚めるにはどうすれば良いのか?

 

それは死について考えることだと思います。

 

死ぬことについて徹底的に考えることで、生き方が変わります。

 

一度、深く死について考えて瞑想してみて「死」と臨場感たっぷりに向き合うと人生が変わります。

 

不死鳥のように、一度燃え尽きて新しい自分として生まれ変わることが出来る。

 

そんな効果が「死」にはあります。

 

逆に「死」について考えたことがない人は、むしろぼんやりとして毎日を惰性で生きてしまいます。

 

そういう風に惰性で生きている状態は「本当に」生きてるとは言えないわけです。

 

そして、死の間際で「本当に生きてこなかった」ことを後悔するわけですね。

 

 

僕は死ぬことについて考えています。

 

だから、他の人よりも死ぬ関する捉え方が違うし、当然生きることについても考え方が違います。

 

一度、深い変性意識に入って死というものについて真剣に考えてみると良いです。

 

 

「死ぬ」という圧倒的リアルかつ絶望的な現実を目にすると、ゴミ屑のような洗脳から勝手に抜け出すことが出来ます。

 

一度、それをくぐり抜けるとアクティブな人間になれます。

 

だって、大抵のことは「死ぬ」ことと比べれば大した問題じゃないですよね?

 

ビジネスに挑戦するの不安だな、でも死ぬことと比べたら全然平気だし、

いっちょやってみるか!

 

こういう感じになることが出来ます。

 

もちろん、生きてる以上は「生きる」ってことは大切なんですけど、あんまりにも安全とか安心を追い求めすぎると生命ってのはどんどん淀んでいくんです。

 

無難な方、安全な方、普通な方を生きていくと自分というものがどんどん平均化されて薄まっていく。

 

人間というのは本来ならば全て違う生き物だから、平均化なんて出来ないし薄めることも出来ないんです。

 

やろうと思ったら、自分を押し殺していくしかない。

 

でも、そもそも死なないために安全を求めたのに自分を「押し殺す」って意味がわからないですよね。

 

まあ死んでもないけど、そういう状態を「生きている」とは僕は思いません。

 

だから、ここら辺で一発ちゃんと生き返った方が良い。

 

「死ぬ」ことと向き合って、ちゃんと生きる輝きを取り戻しましょう。

 

全ては関係性によって生じているわけですから、「死ぬ」という闇が濃くなれば、それだけ「生きる」ことも輝きを増していきます。

 

欲望や快楽といったものはその一瞬は楽しいかもしれませんが、
「死」を前提にしたときに何が何でも手に入れたいとは思いません

「死」について考えると煩悩とゴールの違いが見えてくるわけです

美味しい料理や娯楽というのは私にとっては休憩であって、
魂が求めるゴールではないという事です。

あなたもそうだと思いますが、ほとんどの人は
ゴールと煩悩が入り混じっている状態です。

 

そしてその煩悩も自分の生理的欲求というよりも、
社会から後天的に書き込まれたものである事がほとんどです。

例えばオシャレなかっこをして異性からちやほやされなさい。

休日はレジャーに出掛けて充実した時間を過ごしなさい。

車を、家を、ブランド品を買いなさい。

人から認められなさい。

そういった他者から書き込まれた欲望や、周りからちやほやされたい、

他者から欲望の対象になりたいという煩悩を社会からどんどん刷り込まれていくわけです。

でも、それは自分の魂や本心が産み出したゴールではありません。

他者の欲望を自分のゴールだと勘違いすると死の直前に後悔します

なぜかといえば、他者の欲望は本来の自分が望むものとは違うからです。

というわけで、あなたに「死」について考えてもらいたい、と思っています。

 

明日、もしあなたが死ぬとしたら今の自分の目標や
設定しているゴールは本当に「真実のゴール」だと言い切れるでしょうか?

「死」という絶対的なモノサシで、自分のゴールや人生を見直してみてください。

もしかしたら、このワークがきっかけで真実のゴールに気がつくかもしれません。

あるいは既にあなたは「死」によって揺らぐことなのない
ゴールを見つけているかもしれません。

また、「死」について考えることで今持っている自分のゴールや人生が
、全て上っ面の偽物ということに気がついて、
しかも「本当のゴール」が見つからないという絶望を体験するかもしれません。

どんな結果になろうとも、最終的には良い方向に転ぶので
安心して自分のゴールを見つめ直すようにしてください。

このワークは非常に大切です。

 

休みの日や仕事終わりに自分の時間を無理やり作って深く掘り下げて考えてください。

少しくらい日常生活のルーティン作業の手を抜いたり、サボってもいいので

まずは「死」と向き合うようにしましょう。

「忙しいから」と考えて死と向き合うことを疎かにすると、
本当のゴールが見つからずに人生が終了する可能性があります

これは脅しているわけではなくて、事実です。

 

 

私たちはついつい忘れてしまいますが、人は簡単に死にます。

だから、あっけなく死んでしまう前にちゃんと考えたほうが良いということです。

というわけで、「死」という視点から自分のゴールを見直してみてください。

 

 

 

「本物」のFX投資ノウハウ、情報

「本質のFXトレーディングノウハウと最新情報」


 

 

人気記事

-「コーチング「幸せの創造」

Copyright© 「認知科学」で自己を変えて、投資やビジネスや人生に成功する方法 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.