抽象度の高い「メタ論理」を使って、全てを変えていくために

「認知科学」で自己を変えて、投資やビジネスや人生に成功する方法

「コーチング「幸せの創造」 「成功マインド」

あなたの願望やゴールを全てかなえる「コーチング」とは?

投稿日:2018年5月28日 更新日:

セルフコーチングの技術を使って、あなたの希望を全てかなえよう

 

コーチングとは、あなたが、自分の自由や幸せ、夢実現のために「行動できるあなた」に変わってもらうことを目的にしています。

 

「行動できるあなた」に変わってもらった結果として例えば自分でビジネスをスタートして自由にお金を稼いだり、好きな人と一緒に幸せに生活してもらったり、

そういった充実した人生や、いわゆる成功者と呼ばれる人の生活を手に入れてもらいたいと考えてます。

 

ただ、こういうことを書くとすごくハードルが高く感じられる人もいるかもしれません。

 

でも、大丈夫です。

 

コーチングを学んで人間の仕組みを知ると、自分の行動や能力にかかっていた制限がなくなって自分でもびっくりするくらいスイスイと行動できるようになるんです。

 

一度行動がスタートすると、行動したことによって新たな発見と学習が生まれて、より効率よく次への行動をすることができます。

 

よく自己啓発の世界で「習慣が人を作る」って言いますよね。

 

目標のために行動することが習慣になれば、誰でも成功者になることが出来るんです。

ただ、頭でわかっててもこの行動ができない人が多いんですね。

 

じゃあ、それは何故なのかというと、正しく行動を始める順番を知らないからなんです。

 

実は人間の脳はコンピューターと一緒で、情報処理システムだということがすでに科学的に解明されています

 

パソコンとか今はやりの人工知能なんかと一緒です。

 

参考記事:

人工知能の最前線―人間の脳を真似るコンピューター

 

こういった情報処理システムは、変なプログラムをインストールしたり、変な命令を出すと行動がループしたり、フリーズしたりしてしまうんです。

 

あなたが行動できないのも意志が弱いとか、根気がない、やる気がないという気持ちの問題じゃなくて実は、

 

「行動する順番」、パソコンで言えば起動するソフトやその使い方が間違っているのでフリーズしてしまっている状態なんです。

行動できない=フリーズしたパソコンなんです。

 

フリーズしたパソコンを前にして、

「もっと頑張れよ!」「やる気出せよ!」って言っても意味ないですよね。

 

僕たちが目標を実現するために行う具体的な行動というのは、コンピューターでいうと実はアウトプット、出力なんです。

 

だから、出力(行動)を上手にしていくには、その上流にある入力(インプット)を変えていく必要があります。

 

その入力を変えて、脳というコンピューターをサクサク動くようにアップデートする
それが認知科学をベースにしたコーチングなんです。

 

 

ちょっと思い出して欲しいんですが、昔のパソコンってすごく重かったですよね。

動きも遅いし、本体もむちゃくちゃデカくてすぐに熱くなったりしてました。

 

実は行動してない人、成功してない人ってパソコンが古いままなんです。

 

でも、脳と心をアップデートすればスマートフォンみたいに小型でメールも電話もできて、アプリケーションもたくさん使える、そんなスムーズで高性能なものになるんです。

 

脳みそはアップデートできないって思い込んでる人が多いんですが、脳を子供の頃のように柔らかい状態に戻すことも実は可能です。

 

これもすでに科学的に証明されていることです。

 

だから、コーチングを取り入れて脳をアップデートしていけば、新しいパソコンを使うみたいにサクサクと人生を進んでいくことができます。

 

頭の中にインストールされたプログラムというのは、あなたが目指す目標次第でどんどん新しいものにしていけます。

 

結論から先に行ってしまうのですが、あなたはどんな夢や目標でも実現可能な超高性能なコンピューターの持ち主だと思ってくださいね^^

 

あなたを超高性能なコンピューターに変える方法は、また後ほど記事を書いていきます。

 

まずは、目標設定の重要性と仕方を覚えてください

 

今日、あなたにまず初めて欲しい行動は「目標設定」です。

 

「目標設定」が行動なの?って思う人もいるかもしれませんが、これも立派な行動なんです。そしてこれがコーチングで一番大切です。

 

これからコーチングであなたにインストールされたプログラムをアップデートしていきます。

アップデートすればどんな自分にもなれるので、具体的な行動は後から勝手についてきます。

 

大切なのはどんな自分になりたいかを決めることなんです。

 

ちょっと想像して欲しいんですが、

あなたが何をやっても確実に成功するとしたらどんなことに取り組んでみたいと思いますか?

 

あるいはもしあなたが200億円持ってるとしたらどんなものが欲しいですか?

 

どんな生活をしたいですか?

 

 

実は認知科学的に正しいコーチングでは、これくらいの規模であなたの想像力を駆使して、大きな目標、ゴール設定をしたほうが効率よく変化できることが知られているんです。

 

大きな夢を叶えることもできるし、しかもスピーディーに達成できる。
まさに一石二鳥ですよね^^

 

こういったとても大きなゴールのことを現状の外側のゴールというふうに呼びます。

人間は現状の外側にゴールを設定すると、眠っていた能力が引き出されていきます。

 

もし、あなたが「俺には能力もお金もないし」と思っていても大丈夫です。

そういったリソース(資源)は後からちゃんとついてきます。

 

ゴールを設定すればついてくるものですし、過去あなたがどれだけ失敗してようとも関係ありません。

 

なので、ゴール設定は現実的になりすぎず、今の自分にとらわれすぎずにやってください。

このコーチングは、あなたが行動することを目的にしています。

 

引き寄せの法則のような、「行動せずに夢が叶う」、というような甘い話ではないことを覚えておいてください。

 

自分を変えたい、ゴールを達成したいというオトナのためのコーチングです。

 

 

 

「高いゴール目標を自動的にかなえる方法とは」
↑    ↑    ↑
このボタンは安全にクリックできます。

私たちの認識は、一瞬で変わる

私たちは目の前の現実世界を全て認識しているようで、

実は重要性の高い情報しか認識出来ていません。

実際にワークでそれを実感してみましょう。

まず、目を閉じて部屋の中にある「赤いもの」を思い浮かべてみてください。

目を閉じて、短期記憶にある部屋の情景から「赤いもの」をピックアップしていきましょう。

そうしたら目を開けて部屋をよく眺めてみてください。

驚くほど赤いものが目につくようになったと思います。

部屋に急に赤いものが増えたわけではありません。

あなたの内部表現を書き換えて、赤いものを脳内に書き込んだわけでもありません。

このワークを行うまでは重要性が低かったので、赤いものは物理的には存在していたのに、脳は赤いものを認識しなかったわけです。

この仕組みは情報空間にも当てはまります。

例えばビジネスチャンスを探すと思って意識していれば、

自然とスコトーマが外れて情報を手に入れることが出来ます。

そうすると、次はどのような情報を求めるかが大切です。

 

例えば給料に不満があって転職したとします。

ですが、同じ業種、同じ職務の会社に転職したとすると、
人間関係などは若干変わるかもしれませんが、

それは職業を変えたわけではなく、「職場」を変えたにすぎません

職場が変わっただけでは、生み出している付加価値は本質的には変わりませんから、
受け取る給料もそこまで大きな差はつかないでしょう。

新しい情報を探すときに、どの抽象度で探すかが重要なファクターになるということです。

もし、仕事にやりがいを求めるのであれば、そもそもサラリーマンという雇用形態に疑問を持って幅広く仕事を検討したほうが良いでしょう。

 

スコトーマを外すときにはエフィカシーも大切です。

例えば同じ年収400万円の30代でも、高いエフィカシーで1億円の稼ぎ方を探す人と

中途半端なエフィカシーで800万円を探す人では5年後、10年後には大きな差が生まれることになります。

常日頃からエフィカシーを高めて、現状の外側の情報を求めることを習慣にしましょう。

認識が変わり、意識に上る情報が変われば人生が変わります。

小さな変化が長期的には予想もつかない成長をもたらしてくれます

 

 

「本物」のFX投資ノウハウ、情報

「本質のFXトレーディングノウハウと最新情報」


 

 

人気記事

-「コーチング「幸せの創造」, 「成功マインド」

Copyright© 「認知科学」で自己を変えて、投資やビジネスや人生に成功する方法 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.