抽象度の高い「メタ論理」を使って、全てを変えていくために

「認知科学」で自己を変えて、投資やビジネスや人生に成功する方法

「マーケティング」

ビジネスで利益を出すための黄金ルールとは?ランチェスター戦略も考慮にいれよう

投稿日:2018年7月3日 更新日:

新規顧客の獲得コストに大きなお金と労力がかかります

 

ジネスというものには、新規顧客の獲得コストに大きなお金がかかります。

 

つまり、新しくお客さんになってもらうことって、とても大変なことなんですね。

 

ですが、既存顧客にリピート購入してもらうのは
そこまで大変ではありません。

 

こういったことを知らないと、新商品を開発するときにとても苦労します。

 

つまり、ビジネスの本質は、既存顧客に何度も繰り返し買ってもらうことです。

理由は、新規顧客の獲得コストが1回しかかからないからです。

 

ですがビジネスのことをよく知らない人は
新商品を作る時に、適当にターゲットを決めるのです。

 

そして、既存顧客に売れるようなものではなく、
新規顧客をターゲットとして商品を作ってしまうのです。

 

すると、新規顧客の獲得コストが
新商品を出すごとにかかってしまうわけですね。

 

こういうビジネスをしていると
高コストになり息切れしやすくなります。

 

もちろん、その市場が未成熟で、新規顧客の獲得コストがとても安い場合は既存顧客向けの商品でなくてもいいと思います。

 

ですが、市場が成熟してくると新規顧客の獲得コストが上がっていきます。

 

その結果、1つの商品を売っただけでは、新規顧客の獲得コストをペイできなくなるでしょう。

 

 

テレビなどの通信販売の場合、1人のお客さんに何度もリピート購入をしてもらってそれで初めて予約ペイすることになります。

 

ですから、新商品を開発する時には、新規顧客ではなく、
まずは既存顧客の悩みを聞きましょう。

そのお客さんが買いたい商品をヒアリングし、それを商品化するのです。

 

そうすると1人のお客さんに
繰り返しちがう商品を買ってもらえるからです。

 

差別化の戦略の基本とは?

 

プロのブロガーや、アフィリエイターやマーケッターの方でも、基本を勘違いしてる方がいます。

 

ちょっと自己承認欲求とも関係するのですが、

人前でアピールして販売しようとしたり、アクセスばかりを追及している方がいます。

 

自分のメディアをTV的に考えてマーケティングしてる方ですね。

 

つまり、マスでものごとを組み立てている方がいらっしゃいます。

 

もちろん、TVのいい方、つまりイケメンだったり、話が面白い方であればそれはそれでいいのですが、

普通のマーケッターやセミナー講師の人にとって、顧客の集客をマスで捉えると、ろくなことはありません。

 

逆に、普通の人は、ニッチなマーケットで、数少ない見込みの顧客の方を相手にすればいいのです。

 

顧客の方の数が多いと、かえって無駄が発生したり、的を得た商品を開発できなかったりして、ろくなことがありません。

 

ランチェスター戦略を簡単に説明してみると

 

 

 

 

商品を効果的に売るためのフィーチャー・アドバンテージ・ベネフィット。たった3ステップで、商品の魅力を伝えるコピーライティングテクニックとは?

 

 

「本物」のFX投資ノウハウ、情報

「本質のFXトレーディングノウハウと最新情報」


 

 

人気記事

-「マーケティング」

Copyright© 「認知科学」で自己を変えて、投資やビジネスや人生に成功する方法 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.