抽象度の高い「メタ論理」を使って、全てを変えていくために

「認知科学」で自己を変えて、投資やビジネスや人生に成功する方法

「成功マインド」

あなたは、知らないうちに洗脳されていませんか?「お金のメンタルブロック」と母親との関係とは?

投稿日:2018年2月2日 更新日:

お金のメンタルブロックを外す方法できない本当の理由

 

例えばですが、

「下にあげたメンタルブロックのなかに、あなたが個人的に思い当たるものはありますか?

 

複数あって構いません。

 

たいていの人はいくつものメンタルブロックを複合的に抱えているものです。

 

【お金のメンタルブロックの例】

1 頑張らないとお金は稼げない。

2 お金は卑しいものだ。

3 お金持ちは嫌なやつだ。

4 お金と愛情は両立しない。

5 お金を持っているとロクな目に遭わない。

6 お金の管理は難しい。

7 自分の取り分はない。

8 お金を手にする価値が自分にはない。

9 お金を手に入れるのは難しい。

10 悪いことをしないと、お金は手に入らない。

11 お金があると、家庭が不和になる。」

 

しかし、こういう項目を列挙するというのは、悪徳商法の典型例と似ています。

あなたもそういう販売サイトをご覧になったことがあると思います。

 

だって、11もそういう項目があれば、ほとんどの人が「あっ、これは自分に当てはまる」と感じると思いませんか?

 

「だます方法」とは「自覚させる」こと

この方法は次のように続きます。

 

「ここにあげたメンタルブロックのなかに、あなたが個人的に思い当たるものはありますか?

複数あって構いません。

 

たいていの人はいくつものメンタルブロックを複合的に抱えているものです」

ここまで読むと、誰でも自分の中のメンタルブロック?みたいな感じを自覚します。

 

これは催眠術です。

「今、蚊の鳴き声がしました。どこか体に痒いところはありませんか?」

という催眠術の暗示と同じです。

 

催眠術師は、相手が催眠術にかかりそうになったら、次のように続けます。

 

「自分のメンタルブロックを見つけるには、正直になる必要があります。

ひとつひとつの項目を見ながら、自分がどんな気持ちになっているかに正直になってください」

 

これが催眠術を深く掛けるテクニックだと、気が付ける人は多くはいません。

 

「自分がどんな気持ちになっているか」という言葉で、内省的な気持ちにさせているのです。

「自分の感情が分かりにくい人もいるでしょう。そんな時は、体の反応に注目してください。

たいていの人は、不快さを感じると、胸のみぞおち辺りにモヤモヤを感じます。感情は体の反応です」

 

内省的にさせることで、肉体反応を感じさせています。

 

こうささやかれて、「モヤモヤを感じない」人はいないものです。

 

こういう催眠術は、読み手の恐怖心や強迫観念につけ込んでいます。

だまされていることに気が付きましたね。

 

恐怖心につけ込む、洗脳やマインドコントロール技術の基本とは?

洗脳やマインドコントロール技術の基本を説明します。

 

オウム真理教の洗脳を解いたことで、有名な苫米地英人博士によると

その方法は、脳の偏桃体を刺激することです。

 

偏桃体を刺激した時に体験したことは強烈な記憶となって残ります。

扁桃体を刺激するとは強烈な感情を引き起こすことです。

もっとも強烈な感情は、死を連想させることです。

 

これが洗脳やマインドコントロールの基本です。

 

次のステップへカモを誘い込む

「その項目の「真反対の気持ち」をあなたが手に入れたとしたら、人生にどんな変化が起こりますか?」

 

内省的な気持ちにさせられる催眠誘導の目的が、これです。

 

「あなたが○○を手に入れたとしたら、人生にどんな変化が起こりますか?」

 

こう想像させることは、○○さえ手に入れば人生に変化が起きると、短絡的に感じさせることが目的です。

だまされていることに気が付きましたね。

 

「あなたが抱えているメンタルブロックは、今までの人生では事実だったのかもしれません」

 

こう脅しておいて

「ですが、普遍的な真実ではありません。」と救いの手を差し伸べる。

 

これをやられると潜在意識で「あっ、この人は私の見方だ!」と思ってしまうのです。

それを、強く思ってしまいます。

 

「それらのメンタルブロックは、両親や養育者、教師やマスコミや、社会的に道徳として刷り込まれたメッセージにすぎない」のです。

 

単なる思い込みです。

ただ、その思い込みを疑うこともなく放置してきたので、まるで普遍的な事実のように感じられるだけです」

 

もう、おわかりですね!

 

これらのフレーズは「あなたは悪くないのですよ!」という感情を抱かせるように、注意深く組み立てられたものなのです。

 

こうして、「お金のメンタルブロックを外す方法」をちらつかせることで、

読み手は文章の罠に落とされてしまうように設計されています。

 

限りがない催眠術の手法

悪徳商法とは、限りなく価値がないものを高額な価格で売りつけるものです。

 

普通の感覚で考えれば、絶対に買わないようなものを高額な価格で買ってしまうのですから、その時購入者の意識は普通なものではありません。

 

ですからだます方は、購入者の意識を、異常なものにする必要があります。

 

ということは、これをさせるためには、催眠術のような技術が必要なのです。

 

悪徳商法は時に「催眠商法」と呼ばれますが、これは催眠術を応用したものが使われているからなのです

 

「あなたは小学校の時に作文の時間が好きでしたか。

きっと作文の時間が好きな人は、どんどん何枚も書いて、おそらく原稿用紙が足りないくらいだったでしょう」

 

これは子供時代を思い出させています。

 

子供時代を催眠状態で思い出すことは、精神状態が子供に戻る事なのです。

 

つまり疑うことをさせないようにする、驚くべき効果がこの単純な方法には隠されています。

 

しかも・・・・・

「でも、嫌いな人はどうだったのか。何とか最初の数行を書いて、時間のほとんどを用紙とのにらめっこをして過ごしたのではないでしょうか。」

 

上は小学生にさせられた精神状態で、授業のことを思い出させるテクニックです。

 

これを行われると「あなたは生徒で、文章を書いた人は先生」と勝手に、潜在意識が思い込んでしまうのです。

 

ですからこれこそが、「絶対に買わないようなものを高額な価格で買ってしまう」時の異常な精神状態なのです。

 

さらに、さらに・・・・

「私もかつては後者でした。文章を書くことのメンタルブロックを外したのはほんの1~2年前です。

今でも決して上手な文章は書けませんが、書くこと自体は楽しめるようになっています。

楽しめれば、これからも少しずつ上手になっていくでしょう」

 

これは自己開示という技術です。

 

自分のことを説明して、相手を安心させる常套手段です。詐欺でもよく使われます。

 

つまり、「私もかつては後者でした。文章を書くことのメンタルブロックを外したのはほんの1~2年前です。」という部分です。

 

しかもこれを読むと、「あっ、これをすると「本当に」メンタルブロックを外すことができるんだ!」と感じさせられるようになってしまうのです。

 

 

最後に・・・・

「今でも決して上手な文章は書けませんが、書くこと自体は楽しめるようになっています。楽しめれば、これからも少しずつ上手になっていくでしょう」

 

こう言って、未来の時間では楽しいことが待っている暗示を与えています。

 

しかしこの前提には、この商品を買わなければならない、という無意識への刷り込みが行われています。

 

嘘でない部分もある

「ここから始めてください。不安に駆られたら、その不安な感情をしっかり抱きしめてあげてください。

その不安もまた、お金のブロックにつながっています。お金のメンタルブロックを外すということは、「お金やお金にまつわる感情」を書き換えるということです。

 

お金が好きにならなくとも、苦手意識がなくなれば、もっと仕事を楽しめるようになると思いませんか」

 

説明します!

上手いウソをつく方法は、「真実が95%・真実でないものが5%」です。

 

この文章にも真実はあります。

 

「お金のメンタルブロックを外すということは、「お金やお金にまつわる感情」を書き換えるということです」という部分がそうです。

しかし、これは表面的なものです。

 

「お金やお金にまつわる感情」がどういう理由で生まれたかは、いっさい説明されていません。

 

世の中に多く出回っている「お金のメンタルブロックを外す方法」は、その多くが偽物です。偽物というか、原理が分かっていないというものです。

 

表面的な解決策しか用意できていないので、その方法には当てはまらない多くの購入者を産みだしてしまうのです。

 

「その方法には当てはまらない多くの購入者」には、それは偽物に見えてしまうということです。

 

つまり本当は腸が痛いのに、胃痛の薬を飲まされるようなものです。

胃痛の薬が「本物」であっても、腸には効きません。ここで解説したことも、ある意味「本物」です。

 

しかし結果的に「それは偽物に見えてしまう」ということです。

 

お金のメンタルブロックとは、わかりやすく言うと

 

「自分はお金持ちになりたいと思っている。(これは意識がそう思っています)

しかし(潜在意識では)そうなりたくないという気持ちがある」

ということですね!

 

つまり、意識と潜在意識で相反する思いがあるということです。

 

そして潜在意識の方が力が強いから、願望実現をブロック(妨害)している。

これがメンタルブロックの意味です。

 

多くの人は間違った情報を与えられています。

よくある間違った情報が、「潜在意識の方が意識より何百倍も力が強い」というようなものです。

だから「潜在意識を書き換える必要がある」と教えられています。

本当でしょうか?

 

あなたは「催眠術的手法」で、そう思いこまされていただけではないでしょうか?

こういう説明があります。

 

頭の中で手を丸く動かす想像をしながら、「手が動かない」と言葉で言ってください。

 

こうすると、想像の方が勝ちます←だから「潜在意識の方が意識より何百倍も力が強い」という説明です。

 

でもよく考えるとこれは、「潜在意識の方が意識より何百倍も力が強い」の説明にはなっていませんね!

じつはこれは催眠術を応用した、だましのテクニックだったんです。

 

本当の「本当の説明」

再度、言います。

 

「お金のメンタルブロックとは、わかりやすく言うと

「自分はお金持ちになりたいと思っている。(これは意識がそう思っています)

しかし(潜在意識では)そうなりたくないという気持ちがある」

ということですね!

 

つまり、意識と潜在意識で相反する思いがあるということです。

そして潜在意識の方が、願望実現をブロック(妨害)している。

これがメンタルブロックの意味です」

 

あなたには、お金に関する嫌な記憶があります。

 

なぜかというと、「自分にはお金のメンタルブロックがある」と感じているからです。

 

そう感じていない人は、このような文章は読みません。

 

そして、それは幼いころの記憶から来ています。

あなたは赤ん坊のころ、お母さんが大好きでした。

そしてそのころ、両親はお金で苦労していました。

 

そして「その大好きなお母さん」が、お金のことでため息をついた!、そういう記憶があるのです。

 

あなたの潜在意識に、「お金のことでため息をついた!」、そういう記憶があるのです。

あなたが好きなお母さんは、貧乏でした。あなたはそう思い込んでしまったのです。

 

そしてそういうお母さんと、赤ん坊だったあなたは一心同体でした。

赤ん坊の心理とは、そういうものです。

そういう気持ちが、まだあなたの潜在意識にはあります。

 

あなたの潜在意識がそういう構造であれば、困ったことがあります。

 

あなたの思い込みの中の「記憶の中のお母さん」は貧乏です。

つまり「貧乏である要素」を持ったひとである「お母さん」です。

 

そのお母さんと、あなたは潜在意識では一心同体です。

 

もちろんそのお母さんはあなたの理想の母親像であって、現在の母親とは違うものです。

 

「あなたの理想の母親像」は、「貧乏である要素」を持ったひとなのです。

そういうお母さんと赤ん坊だったあなたは一心同体でした。

 

そのあなたが金持ちになるということは、「貧乏である要素」を捨てることになります。

つまりそれは、「お母さんとあなたは一心同体ということ」を捨てることに感じられるのです。

 

あなたが金持ちになるということは、「お母さんとの別れ」と感じられるのです。

これが、あなたの「お金のメンタルブロック」の正体です。

 

これが貧乏人の子が、貧乏から這いあがれないことの理由です。

 

あなたが金持ちになるということは、「お母さんとの別れ」と感じられるのですが、もともと金持ちの子にはそれはありません。

 

金持ちの子には「お金のメンタルブロック」がありません。

ですからお金持ちの子は、金持ちになりやすいのです。

 

芸能人の子供が、芸能人デビューできやすいのは、これと同じ原理が働いています。

結論

「お金のメンタルブロック」の正体は、母親との別れを恐れる心理でした。

 

しかし、大人になったあなたには、「お金のメンタルブロック」と「母親との別れ」は本当は関係がないと知ることができます。

 

自分の本当の気持ちを知ることで、「お金のメンタルブロック」を外しながら、さらに幸せになることも可能です。

 

あなたには親に対する恨みがあるかも知れません。

時々「自殺したい」と思うことがあるかも知れません。

 

自分に自信が持てない人が、そう思うのです。

 

なぜ自分に自信が持てないかというと、幼少期に親からの励ましがなかったことが原因になったことが多いものです。

 

幼少期に母親との葛藤を経験した人には、心の奥に孤独があります。

それは死への甘い誘いでもあるのです。

 

なぜか?

なぜ自殺したいと思ってしまうかと言うと、それは「当てつけ」なのです。

 

愛してくれなかった(と感じる)親に対して

「愛してくれなかったから死んでやる」と当てつけの気持ちです。

 

「死なせなくなかったら愛してよ!」という心の叫びがなぜ自殺したいと思ってしまうかと言う本当の気持ちです。

 

自殺願望はあなたの中の欲望です。

それはあなたの中の動物の本能です。

 

人間の中にも動物の本能があって、それが人生の大事な場面、ひとつひとつであなたの人生を決めていたのです。

 

こういうことを知らずに人生を過ごす人は、大変な損をしています。

 

 

「本物」のFX投資ノウハウ、情報

「本質のFXトレーディングノウハウと最新情報」


 

 

人気記事

-「成功マインド」

Copyright© 「認知科学」で自己を変えて、投資やビジネスや人生に成功する方法 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.