抽象度の高い「メタ論理」を使って、全てを変えていくために

「認知科学」で自己を変えて、投資やビジネスや人生に成功する方法

ユダヤの生命の樹 「セフィロト」 解説

 

生命の樹は、旧約聖書の創世記に登場する木です。

 

エデンの園の中央に植えられた2本の木のうちの1本で、もう1本がアダムとイブが食べた実として有名な「知恵の樹」です。

 

主なる神ヤハウェは、アダムとイブに知恵の樹の実を食べることを禁じていましたが、人間を神に背かせようとする蛇にそそのかされて、初めにイブが、その次にイブの勧めでアダムが知恵の樹の実を食べてしまいました。

 

善悪の知識を得たアダムとイブは裸の姿を恥ずかしいと思うようになり、イチジクの葉をあわせて身にまといます。

 

それによって神は事の次第を知り、神の命令に逆らい実を食べた罰として2人は主なる神との親しい交わりを失い、永遠の生命を失い、自然との完全な調和も失ってしまいました。

 

さらに、生命の樹の実を食べることを恐れた神は、2人をエデンの園から追放します(失楽園)。

 

ユダヤの伝承では、「知恵の樹」と「生命の樹」の両方の実を手に入れると、神と等しい存在になるとされているのです。

 

神秘思想カバラでは、生命の樹は「セフィロトの樹」と呼ばれ、さまざまな解釈がなされて重要な中核概念になっています。

 

そのほか近代西洋魔術でも用いられ、生命の樹をタロットカードと結びつける研究も行われています。

 

それでは、カバラにおける「セフィロトの樹」の概念とはいったいどのようなものなのでしょうか。

 

カバラにおける「セフィロトの樹」 -構造-

 

生命の樹(セフィロト)が示す教えによると、神は「セフィラー」と呼ばれる光の球を放って宇宙を創造しました。

 

セフィロトの樹を構成するセフィラーは全部で10個あり、それぞれが22本の経路(パス)で結ばれて繋がった構造となっています。

 

セフィロトの樹は上下が逆さまの樹であり、天に根を広げて霊力を吸収し、それを各セフィラーへ行き渡らせながら下部の物質世界へ降りていき、地に枝を伸ばしていきます。

 

10個のセフィラーには、それぞれに深い意味があり、神による創造世界はあらゆることをこれら10種から成るセフィロトで説明することができるといわれております。

 

セフィラーは上方から段階的に下方へ流出していきますが、この流出過程を逆にたどることによって、神の叡智へと到達することができるといわれ、セフィロトの樹は、「宇宙全体から人体」、「精神世界から物質世界」を象徴させる概念を投影しているのです。

 

人間は、一番下の10番球マルクトに存在しており、22本の径路を経ながらセフィラーを会得し、1番球ケテルへ向かって精神を高める旅を続けています。

 

セフィロトの樹は、神と宇宙の法則、世界の創造と人間の霊的進化の過程を示す縮図と言えます。

 

カバラ主義者は、セフィロトの樹に人生のあらゆる物事を当てはめることで隠された真実や法則を知ることができ、合理的で正しい判断と行動によって自らの霊的成長を促していくことができると考えています。

 

セフィロトの樹は、左が峻厳の柱、右が慈悲の柱、中央が均衡の柱という3つの柱としても成り立っており、そして、神は以下の4つの界層を創造したとされています。

 

1.アツィルト(神性界) = 神の性質が忠実に反映された世界
この世界には、神の性質に似せて造られた神人“アダム・カドモン”が存在します。
一切の必要なものを含んでいるといわれる完全な存在アダム・カドモンは、私たち人間の魂の元型であり、すべての魂の源でもあり、その合一体です。
つまり究極的には、私たち全人類の精神集合体であり、みなひとつに結ばれていることになります。

 

2.ベリアー(創造界) = 神の性質が具体的な形となる世界
無形のエネルギーであるアダム・カドモンは、ここで無数の魂に分裂し、人間の姿をした形となります。
ベリアー界には、神の僕として働く大天使たちが住んでいます。

 

3.イェツィラー(形成界) = 具体的な形が個性に分かれる世界
人間は男性と女性に分かれ、また、さまざまな個性に分かれていきます。
イェツィラー界には天使たちが住んでおり、聖書に登場するアダムとイブの世界は、この世界を描写したものとされています。

 

4.アッシャー(物質界) = 私たちの住む世界
個性に分かれた存在はここで物質化し、肉体をまといます。
アッシャー界には人間が住み、同時に悪魔たちも共存しているとされています。

 

生命の樹 -人間の目的-

 

生命の樹が示すところによると、

神「エン・ソフ(果てしなき者・無限なる者)」は樹の上部の外側に位置し、そこからセフィロトが流れ出します。

 

樹の最上部が崇高な象徴とされ、下位の俗世へ続きます。

 

カバラでは、人間が人生の意味について深く考え、神を理解しようと努めることで最下部のセフィロトから上昇していき、魂の源であるアダム・カドモンと合体するべく運命にあると説かれています。

 

アダム・カドモンは神の意識そのものであり、人間の究極の目標であるアダム・カドモンとの合一は、つまり自分の意識を高めて神の意識とひとつになることなのです。

 

自分だけのためではなく、世界に奉仕しようとする精神や行動が、人生の目的を成就させるカバラの教えなのです。

 

内的意識を進化させ、世の中のために献身的に生きる。

 

人間がお互いの個性を認めて敬愛精神を持ち共存していく。

 

このとき生命の樹の関係と同じように、調和のとれた平和な世界が創造され、アッシャー界に縛られていた私たちの意識がイェツィラー界へと上昇し、さらに意識を高めることでベリアー界へ上昇し、

そして最終的にはアツィルト界へ到達してアダム・カドモンと合体したとき、人間は究極の至福のなかに包まれます。

 

肉体的な欲望から意識が開放され、人種や宗教、地位や貧富といった区別なくあらゆる人を愛するようになり、すべての人々を自分のように愛するようになったとき地上には天国の平和が実現されます。

 

これが神と人間が目指しているゴールです。

 

ところが、魂のレベルではすべての人がアダム・カドモンとの合一を求めて生きていながら、ほとんどの人がそのことを忘れ、現世をさまよって生きています。

 

そこで誕生したのが、私たち人間に進むべき方向性や目的地までの詳細を教えてくれるカバラだったのです。

 

ゲマトリア

 

カバラでは、生命の樹と並んでもう一つ宇宙の法則を解く鍵があります。

 

それは言葉を数に変換することによって、言葉の裏に隠された真意を読み取る「ゲマトリア」です。

 

ヘブライ語では、アルファベットのことを「アレフベート」と呼びます。

 

これは最初の2文字、א(アレフ)とב(ベート)からきています。「アルファベット」という言葉がギリシャ語のα(アルファ)とβ(ベータ)からきているのと同様です。

 

アレフベートは全部で22文字あり、ヘブライ語には英語のように大文字・小文字の区別はなく、覚えるのはこの22文字のみになります。

 

この22文字の子音文字からなるヘブライ語には、それぞれ特定の数値が割り当てられおり、文字を数に変換することができます。

 

このゲマトリアの手法を用いて、人の名前を数値に変換し性格や才能、運命を調べようとしたものが「数秘術」です。

 

投稿日:2019年1月17日 更新日:

Copyright© 「認知科学」で自己を変えて、投資やビジネスや人生に成功する方法 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.