抽象度の高い「メタ論理」を使って、全てを変えていくために

「認知科学」で自己を変えて、投資やビジネスや人生に成功する方法

「株式投資」

「株式投資初心者」が失敗する理由。”間違いやすい常識”に気をつけよう

投稿日:2018年11月20日 更新日:

 

投資指標を万能視する投資家は間違い

 

 

指標だけで投資の判断する人は危険です。

 

すごく多いです。

 

例えば、PER(株価収益率)、PBR(株価純資産倍率)、ROE(株主資本利益率)をはじめ、投資指標は際限なくあるが、どれもが万能の指標ではありません。

 

企業の実態や外部環境が変化することにより、当然財務諸表は変化し予想も変わっていきます。

また、投資指標が同じであっても、企業の規模やジャンルによって優越性は変わってきます。

 

規模の小さな企業は、売上や収益などが変化しやすい分だけに、いつもより良い指標を期待されるため、指標上の割安が継続する傾向があります。

 

結局、投資指標の数値は、あくまで目安程度に考えなければいけません。

 

 

 

「テクニカル指標」を信じすぎる人は間違い

 

チャートには数限りなく、多くのテクニカル指標が付属しています。

 

最近では、独自のツールを提供する有料のサイトやソフトも出てきています。

 

テクニカル指標は後から見ると非常に正しく見えてしまいますが、

現実の相場の中での指標は単なる「パターン認識」であることは忘れてはいません。

 

リバーサル系(逆張り系)の指標は、相場にトレンドが出た時にはうまく機能しない。

トレンド系にしても、リバーサル系にしても万能なテクニカル指標は存在しないと思った方が良いです。

 

トレンド系は、トレンドが長く続くと、機能しません。

 

しかし、テクニカル指標は目安として市場の需給を表現している事実はあります。

 

ですから、テクニカル指標は、こちらも投資指標と同様に、あくまで目安程度に考えるのが無難でしょう。

 

無料「緊急レポート」!! "日本株で安全に、短期間に稼ぐ方法" を差し上げます

 

自分の思っている”値段”にこだわる人は間違い

 

現実の株価は、安いと思って買った値段が実は「割高」であったり、

逆に高いと思って売った値段が「割安」だったということがひんぱんに起こります。

 

それはなぜか?というと「相場環境や時間の変化」が起きているからです。

 

「相場は生き物」と呼ばれる理由です。

 

安い高いというそれまでの値ごろ感が通用しなくなる「変化」に気づかない人は、

結局「高く買って安く売る」を繰り返して損失をどんどん膨らませることになりますね。

 

新たなニュースや事件が起きた時、出来高を伴って株価に動意があった時など、

相場状況に変化を感じた時には、過去の株価を忘れた方が良いですね。

 

(ですが、いくら力強く値段が上がっていっても、日にちの目安というものがあります。これは、株の秘法の一部です。

ですから、ある程度大型で目安が付けやすい銘柄を手がけるのも一つの手です)

 

 

自分のもっている銘柄に惚れ込んでいる人は間違い

 

自分が持っている株に関する情報を集めているのはいいのですが、

否定的な情報には背を向け、肯定的な情報を集めてしまう人が多いです。

 

だから、株価が下落していても、何かポジティブな理由を探して保有したままでいる。

 

いわゆる「保有効果」ってやつですね。

一度保有した株は手放したくない、というものです。

 

相手のいいところしか見ない、見たくないというのは、恋愛でも危なくないですか?

 

 

教科書的な投資知識が必ず必要だ、と考えている人は間違い

 

実は、投資の教科書は、実際の投資にはあまり役に立ちません。

 

 

例えば、次のように教科書や一般的に正しいといわれている反対のことが、たびたび起きていませんか?

 

景気が悪いと株が下落する?本当ですか

 

景気が悪いくても株が上昇することがあります。

 

教科書には、景気が良くなると株価が上昇すると書いてありますが、悪い経済指標がでても、株価が上昇することがあります。

 

不景気の株高という言葉があるように現在は、景気が良いから株価が上昇するのではなく、景気を良くするために株価を上げるというロジックで株価は動いてます。

 

それゆえ、悪い景気指標が出ると株価対策への期待で、株価が上昇することさえあります。

 

教科書のロジックと反対に動くことが多々あるのです。

 

分散投資をしなければならない

 

株の教科書には「ポートフォリオを組みましょう」(分散投資をしましょう)とあります。

 

しかし、現在、ほとんど全ての相場が連動しているのでポートフォリオを組んでも、

バブル崩壊時には、全ての相場が同じように下落することになりがちです。

 

経済がグローバル化しているため、相関性がない相場がほとんどなくなってきているのです。

 

【要注意】あなたの株式投資法は、まちがっていませんか? 「予側」がハズレても利益を出す方法とは?

 

正しい投資のマインドセットが間違っている

 

多くの投資教育の場で次のようなマインドセットが大切と言われていますが、

これは間違ったマインドセットで、正反対のことが教えられています。

×儲けて何をするか目標を立てる
×目標を毎日イメージする
×目標 月収○○円

 

これらは、実際の相場では、逆に作用することがあります。

 

 

知恵を使って、本当の真理原則を理解している人に富が移動する時代

 

現在は激動の時代ですので、想定外の出来事が多発しています。

 

過去の経験が役に立たない時代なのは、ビジネスだけではありません。

 

トランプ氏は大統領になる確率が低いと皆が判断し、

トランプ氏が大統領になったら株価は大きく下落すると言われていました。

 

 

ところがトランプ氏が大統領になり株価は大きく上昇しました。

 

80%の間違った情報や、人にだまされないために必要なこととは?

 

ここまで読んで、「投資はやはり難しい」と思った方もいるかもしれません

 

しかし、基本的な知恵が分かれば、簡単であると、私は考えます。

 

このような時代だからこそ、知恵を身に付けることが大切です。

 

なぜなら、知恵がない人の富は奪われ知恵を身に付け、準備していた人に富が移動する時代だからです。

 

損切りをするのが当然だ、という“常識”をもっている人も間違い

 

あなたはなぜ証券会社が「損切り(ロスカット)」を勧めるのか、しっかり理解していますか?

 

ここが一番間違いが多いところでしょね。

 

どの株の教科書や先生でも、必ず損切りしましょう、すぐ損切りしてください、と教えています。

 

これでは、証券会社の手数料の餌食です。

 

また、マインド的にも、簡単に損切りできる人は少ないでしょう。

誰でも損切りはいやですし、出来ない人も多いと思います。

 

私は簡単に損切り出来ることは出来ますが(笑)

だったら最初から損切りしなくていい手法を使えばいいだけです。

 

そんなやり方がありますよ。

 

くわしくは、以下から登録してみてくださいね。

無料「緊急レポート」!! "日本株で安全に、短期間に稼ぐ方法" を差し上げます

 

 

「本物」のFX投資ノウハウ、情報

「本質のFXトレーディングノウハウと最新情報」


 

 

人気記事

-「株式投資」

Copyright© 「認知科学」で自己を変えて、投資やビジネスや人生に成功する方法 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.