抽象度の高い「メタ論理」を使って、全てを変えていくために

「認知科学」で自己を変えて、投資やビジネスや人生に成功する方法

「株式投資」

2018年後半から株価の下落が始まる!?相場サイクルの数字4と、「5がつく年」「8がつく年」の意味とは?ユダヤのカバラ年数秘で予測してみたら!!?

投稿日:2018年12月6日 更新日:

相場サイクルの数字4と、「5の年」「8の年」の特徴とは? 「相場のサイクル」ではどう観る??

 

2018年後半から景気後退が始まる?投資のチャンス到来!?【きになるマネーセンス#140】動画より引用しました。

 

2018年後半から相場が後退するする可能性がありますよ。

 

景気ってサイクルというものがありまして、それに基づいて考えると、ほぼほぼそのような形になります。

 

人間の生活も、周期に基づいて成り立っていますので、別に不思議でもないと思いますが。

 

相場の基本周期は、3年から5年です。

 

もちろん、それ以上の周期もありましてね、大体10年のサイクルっていうものがあります。

 

まだいたい3年から5年のサイクルと10年のサイクルを主に見ておけば、まあ問題はないのかなというふうに思うんですけれど。

 

それを見ると、もう10年サイクルは非常にきれいに出ていて、誰が見つけたのかよくわからないんですけど、

僕自身の体験談を踏まえて言えば、

西暦の一番最後の桁ですね、今年2018年で8、

5の年と8の年は、相場は安定、上昇しやすいと思います

 

サイクルとして、統計的に出ていると。

 

9の年は、天井といって、ピークになりやすいです。

 

また、0と1が底ですね、つまりオリンピックの時が相場の底ですね。

で、2の年から上がり始める。

 

ですから、逆に9の年に買ってしまうと、それが回復するのに、4,5年かかる、と。

 

さきほどの、3年から5年サイクルですが、基本は4年なんですね。波を打つ周期がね。

相場の山と山の間が4年、谷と谷の間も4年です。

 

先程、オリンピックと言う話がありましたけど、オリンピックやアメリカ大統領選も4年ですね。

 

ただその4年周期だと、若干ずれる時があって、10年サイクルに引っ張られることがあるんですね。

ですから、3年から5年サイクルですよ、と言っています。

 

まあ、基本は4年です。

 

結局、ピークが2019年ではないか、と。そこからだんだん下がってくるんではないか、と。

2018年後半から、といっているのは、若干ずれもあるので、だいたいそのくらいの頃から収束してくるのではないか、と観ています。

 

2018年後半から2019年にかけて天井をつけてその後

2020年2021年にかけてはぐーっと1回相場が停滞期を迎えることになります。

(筆者注:実は、ユダヤのカバラ数秘術でも、1から9の間の数字で占うわけですが、8は最大、9で終わり、始まりは1として観ますね)

 

無料「緊急レポート」!! "日本株で安全に、短期間に稼ぐ方法" を差し上げます

カバラ数秘術で、その年の「世界経済」や「株価」を知る方法について

 

 

「本物」のFX投資ノウハウ、情報

「本質のFXトレーディングノウハウと最新情報」


 

 

人気記事

-「株式投資」

Copyright© 「認知科学」で自己を変えて、投資やビジネスや人生に成功する方法 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.