抽象度の高い「メタ論理」を使って、全てを変えていくために

「認知科学」で自己を変えて、投資やビジネスや人生に成功する方法

「株式投資」 「成功マインド」

実態のないままの現在の「バブル」。ミイラ取りがミイラになる日

投稿日:2019年1月16日 更新日:

 

誰のためのバブルなのか?いま誰に金が回っているのか?

 

今、東京には密かに「バブル」が訪れている。

六本木、麻布の周辺では深夜になると人々がタクシーを求めて彷徨っている。

 

それは、かつて1980年代後半のバブル期に、

皆が「1万円札を振ってタクシーを止めていた」

 

という昔の情景を思い出させる。

 

 

 

 

 

今の西麻布は、昔の私が知っているそれとは違う。

 

 

でも今回は、そんな話を聞いても、多くの人は現在の「バブル」を信じられないと思う。

 

 

その理由は簡単だ。

 

「限られた人にだけ訪れたバブル」だからだ。

それが今、東京で起こっているバブルの正体なのだ。

 

 

 

日本政府の発表では景気は「戦後最長の上向き」と言う。

 

しかし、これは、数字のトリックで、

実際、多くの人は、給与が全然上がらないのに、税負担はどんどん増えている。

 

10年前より豊かになったと実感できる人がどれだけいるのだろうか?

 

 

 

アメリカやヨーロッパ諸国などほぼ全ての先進国は、この30年で

平均給与が2倍以上になった。

 

日本だけは、変わらないどころかやや下がり気味である。

 

 

興味深いデータがある。

日本の家計資産が10年前よりも増えているのだ。

 

特に増えだしたのは、2013年の黒田バズーカの年からだ。

 

黒田バズーカとは、アベノミクスの一環で、日銀が、異次元のレベルでお金を刷りまくった年だ。

ここから300兆ぐらい一気に増えている。

 

この事実を見ると景気は上向いている、ということになる。

 

しかし、実は一般人の資産は全く増えていない。

 

つまり、お金を刷りまくった結果、誰が、資産を増やしたのかと言えば、

一部のお金持ちだけということになる。

 

余ったお金が大量に金融市場になだれ込み、その流れに乗れる資産家だけが、

資産を更に増やしているわけだ。

 

 

どんな人たちが今、バブル期を体験しているのか?

 

その人達とは、

 

1.既に資産を持っていて資産家で伸びている金融市場に投資をできる人

2.余ったお金の投資先となっている、株式会社、またスタートアップに立っている人

 

らの限られた人たちだ。

 

 

六本木や麻布周辺の飲み屋では、若いアントレプレナーたちが、

豪快に酒を飲み、大声で話す。

 

「上場でいくらキャッシュが得られるか」

 

「資金調達で、投資家からいくら集めたか」

 

そんな類の話だ。

 

 

ただ、この”IPOバブル”も近いうちに崩壊する

 

私は、そんな状況は、いつまでも続かないと思っている、

 

なぜなら、実体がともなっていないスタートアップに、

大量のお金が流れ込んでいるだけだからだ。

 

お金が余っているからお金が流れ込んだいるだけで、

期待感だけの会社がどう考えても多い。

 

 

そして、金融市場だけで膨れ上がっているお金は、

実体経済がついてきていない現状を踏まえると、いつか、必ず調整が起こる。

 

金融市場の仮需と実体のギャップは今、かなり大きくなってきている。

 

そのギャップがバブルなのでバブルが弾けて調整が行われる。

すると、スタートアップにもお金は流れ込んで来なくなる。

 

 

だから、IPOバブルも近々、終了すると感じている。

 

 

その時は、浮かれた投資家の累々とした屍が大量に残ることになる。

 

それに、

「普通の主婦が株を買いだしたら株価のピーク、

奥様の投資サークルが出来たらバブル終了」

 

とは、昔からよく言われるけれど、

 

六本木界隈の飲み屋で猫も杓子もIPOと言っているのは、それに近い状況なのだろう。

 

 

 

世界株価暴落の始まりなのか。株価暴落を示すチャートとは?ドイツ銀行破綻のXデーはいつくるのか?

 

仮想通貨が弾ける前もそうだった、、

 

六本木の街を歩いているだけでブロックチェーン、

という言葉が聞こえてきていたのはつい1年前の話だ。

 

警告!!ドイツ銀行問題とは?知らないと超ヤバい、リーマンショックの100倍規模の「世界経済破綻」の元になる!?

 

そんな2019年をどう生きるのか?

 

世の中の成功には2種類ある。

 

・成功する人

・成功し続ける人

の2つのタイプがいる。

 

どちらの人になりたいかと言えば、皆、成功し続ける人だろう。

 

そのためには、一時のバブルにのるよりも、マインドを徹底的に磨くことだ。

 

マインドセットの中にも

 

・成功の初期に有効な考え方

・長期的に成功へ導く考え方

 

の2つが存在すると思う。

 

そこを混同していたり、どちらかだけしか学んでいないと、

成功のスピードや期間、規模に影響する。

 

適切に学び、自分自身を磨いていく工夫は必須だと思う。

 

 

いま、様々な変化の中で、あなたは何をみようとしていますか?

 

そして2019年は、どう行動しますか?

 

無料「緊急レポート」!! "日本株で安全に、短期間に稼ぐ方法" を差し上げます

 

 

 

「本物」のFX投資ノウハウ、情報

「本質のFXトレーディングノウハウと最新情報」


 

 

人気記事

-「株式投資」, 「成功マインド」

Copyright© 「認知科学」で自己を変えて、投資やビジネスや人生に成功する方法 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.