抽象度の高い「メタ論理」を使って、全てを変えていくために

「認知科学」で自己を変えて、投資やビジネスや人生に成功する方法

「成功マインド」

人はそれぞれ、違う「世界」に住んでいる。人は自分の内面を投影した世界に住む住人

投稿日:

 

人は自分の内面を投影した世界に住む住人

 

ある町の入り口に一人の老人が座っていました。

 

そこに、よその町から一人の若者がやって来ました。

 

そして若者は老人に尋ねたのです。

「この町はどんな町ですか?

どんな人たちが住んでいますか?」

 

老人は、

「君はどんな町からやって来たのかね?」

 

若者は答えました。

「僕がいた町は、利己的で悪賢い人が多かった。

安心して住めない、ひどい町でした」

 

すると老人は、
「この町も同じようなものじゃよ」

 

若者は怪訝な顔をして老人を見ると、町に入っていった。

 

そして間もなく、若者は老人が言ったとおりの町であることを知りました。

 

 

その後しばらくして、別の若者がやって来て、老人に尋ねました。

 

「この町はどんな町ですか?

どんな人たちが住んでいますか?」

 

「君はどんな町からやって来たのかね?」

 

「僕がいた町は、やさしくて親切な人が多かったです

とても住みやすい、素敵な町でした」

 

「この町も同じようなものじゃよ」

 

「そうなんですね」

 

若者は老人にお辞儀をすると、町に入っていった。

 

そして間もなく、老人が言ったとおりの町であることを知った。

 

 

私たちは、ものごとをありのままには見ていません。

 

 

わたしたちは、ものごとに自分で意味づけをして、「世界」を見ています。

 

ものごとに自分の心を投影して、その投影を見ているのです。

 

 

つまり人は、外界を通して、自分の内面を経験しているのです。

 

 

ということは、僕たちは、自分の内面にないものは経験できない、

ということになります。

 

 

たとえば、

僕たちが花を見て「美しい!」と感動するのは、

自分の心の中にある「美」を投影して、「美しい」と感じているのです。

 

「美」は僕たちの心の中にあるのです。

 

動物や虫は、花を見ることはできても、花の美しさを感じることができません。

花の美しさに感動することはないわけです。

 

動物や虫の内面には、「美」という理念がないからです。

 

 

これはつまり、動物や虫が生きる世界には、

「美しい花」は存在していないということです。
(植物としての花は存在しますが)

 

また、僕たち人間も、執着心に囚われているときや、

競争心・闘争心で心がいっぱいのときは、

 

花の美しさに気づかないまま、見過ごしてしまいます。

 

そんなときは、僕たちが住む世界に「美しい花」は存在していないのです。

 

僕たちは、自らの内面を投影した世界に住んでいます。

 

自らの心の“ありよう”を映し出した世界に住んでいます。

 

 

周りの人が善意の人ばかりに見えるときは、

僕たちの心の中の善意が周りに投影されているのです。

 

周りの人が悪意の人ばかりに見えるときは、

僕たちの心の中の悪意が周りに投影されているのです。

 

物理的には、

「一つの客観的な世界に、すべての人間が住んでいる」

という見方ができますが、

 

心理的には、
「それぞれの人間は、それぞれの人の主観を投影した世界に住んでいる」

という見方ができるわけです。

 

それぞれの人間が、それぞれの主観を投影した世界に住んでいるとしたら、

「僕たち一人ひとりの数だけ世界がある」
ということになります。

 

つまり、自分が住んでいる世界と、

相手が住んでいる世界は、実は“違う世界”であるということになります。

 

 

しかし僕たちは、

「自分が見ている世界こそが客観的な一つの世界である」

と勘違いしていて、

 

その客観的世界(実は自分が見ている主観的世界)に

相手も住んでいるものだと思い込んでいます。

 

そのため、相手の「感じ方、ものの見方」に違和感を感じるのです。

 

「あなたは何を見ているの?何を考えているの?

私が提供した情報を知れば、結論は明らかですよね。

どうしてそれが理解できないの?

 

あなたには事実が見えないの?

あなたの『ものの見方』はおかしいよ」

 

 

なんて感じたりするのは、

「相手も自分と同じ世界が見えているはずだ。

世界は一つしかないのだから」

という、おそるべき思い込みから生じるのですね。

 

「相手は自分と違う世界に住み、違う世界を見ている」

という真実に気づくと、

 

初めて相手の「感じ方、ものの見方」を、

「私には計り知れないもの」として敬意をもって尊重することができます。

 

 

ユング心理学者の河合隼雄先生は、

 

「人の話を聴くときは、『相手にとっての真実』に耳を傾けることが大切」

 

と述べておられます。

 

 

「自分にとっての真実」と「相手にとっての真実」は違っていて当然なのですから、

 

「自分こそが客観的な真実を見ている」

という思い込みを手放し、

 

「相手にとっての真実」に、畏敬の念をもって耳を傾けることが大切ですね。

 

 

 

「本物」のFX投資ノウハウ、情報

「本質のFXトレーディングノウハウと最新情報」


 

 

人気記事

-「成功マインド」

Copyright© 「認知科学」で自己を変えて、投資やビジネスや人生に成功する方法 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.