抽象度の高い「メタ論理」を使って、全てを変えていくために

「認知科学」で自己を変えて、投資やビジネスや人生に成功する方法

「コーチング「幸せの創造」

認知科学では、共感覚による”内部表現書き換え”をするために、気功を使うのが早い。その方が成果が出やすい。

投稿日:

抽象度の高いゲシュタルト、いわゆる本質と言うものを押さえることが出来れば,そこから派生して色々な問題を解決することが出来るのです。

 

抽象度が高まることで、結果的に自分や世界というシステムについてのスコトーマ(盲点)が外れて、思考・肉体・行動が変化していきます。

 

気功(共感覚による内部表現書き換え)というのは、端から見ると怪しげで捉えどころのない世界のように思えますが、

内部表現というシステムを操作するためのテクニックですから、実際は非常にシステマチックで理論的なものです。

 

ですから、そのシステムの本質を押さえることが出来れば枝葉の部分の問題を簡単に解決することが出来ます。

 

例えば仕事でもっと結果を出したい人は、「結界」で自分のスーツやデスクやオフィスを囲ってみると良いです。(仕事が辛い人にもこのワークはオススメです)

 

逆に、本質に目が行かずに技術ばかりに目が行く人は抽象度を上げる必要があります。

 

 

世界は”ロジックや言葉で出来ている”という感覚とも通じます。

 

「はじめに言葉ありき」

 

という一節が新約聖書ヨハネによる福音書にありますが、

それが内部表現書き換えの感覚です。

 

何か問題や悩みがあって、それを解決しようと思ったら努力や意志力で抵抗するのではなく、本人のシステムをアップデートするという感覚が必要です。

 

こういった抽象的な表現では、なかなか本質は理解できないと思います。

 

しかし、最終的にはその感覚がないと、いくら何かを頑張っても結果がこぼれ落ちていくという悲しい結末が待っています。

 

技術にとらわれる必要がなくなれば、もっと自由に内部表現書き換えを使うことが出来ます。

 

内部表現書き換えが自由に使えれば、必然的に人生の自由度も増します。

 

何度もブログに書いていますが、

内部表現の中に物理空間や現実世界も包摂されていますから、内部表現書き換えが自在になるほど人生も自在になっていきます

 

というわけで、抽象度の高いゲシュタルトを学んで自由な人間になりましょう!

 

 

 

 

「本物」のFX投資ノウハウ、情報

「本質のFXトレーディングノウハウと最新情報」


 

 

人気記事

-「コーチング「幸せの創造」

Copyright© 「認知科学」で自己を変えて、投資やビジネスや人生に成功する方法 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.