抽象度の高い「メタ論理」を使って、全てを変えていくために

「認知科学」で自己を変えて、投資やビジネスや人生に成功する方法

「株式投資」

株式投資をするときの、「逆張り」と「順張り」の意味を正しく理解していますか?

投稿日:

株式の投資家と話をしていると、時々大きく混乱されている方がいます。

 

それは、

「私は逆張り派です。ですから株価が下がり基調で、安値圏にある株を買っていきます。」

という人が結構いるのです。

 

一見すると理に適っているようにも見えますが、このやり方は非常にキケンです。

 

 

まず、大体の場合、現物買いで買い下がっているわけですね。

 

そこで、その銘柄のチャートを観てみますと、多くの場合、私でしたら、空売りの玉を仕込んでいく場面だったりします。

 

もちろん、まだ目先はあがっていくこともありますが、大体株価は息切れをして、暴落していきます。

 

空売りでは、一番おいしい場面だったりします。

 

 

ですから、本当の逆張りとは、安いと思った株を買っていくことではなくて、
安い株価位置をしっかり確認しながら、今後上昇する株を買うことであるわけです。

 

 

ここがポイントですが、株価はどこまで下がるかなど、誰にもわかりません

 

当たり前ですが、もう下げちまるはず、といった発想ではなく、

チャートパターンで、大体でいくしかないのです。

 

だから、買いたいときは、先に空売りの玉を持っており、その利益を持ちながら、
安い株価で仕込んでいく、これが基本です。

 

これでしたら、下がっていっても空売りで利益がでますし、
分割の買い下がりで、平均値も安く仕込むことができますね。

 

 

多くの投資家は、「安い株価」ばかりに目を奪われており、
「今後上がる」という視点や安全に仕込んでいくという考え方を無視しています。

 

それは真の意味での逆張りではなく、ただの「キケンな安物買い」です。

 

株を買うのは、これから上がると思うからであり、それは今安いというのとは意味が違います。

 

さらに言いますと、この「これから上がる」という評価を、ある種のファンダメンタルデータを使って行っている投資家を、バリュー株投資などと呼んでいるようです。

 

現在の株価の評価が将来的な価値から考えて割安と分析し、将来的な価格の上昇を期待して買うわけですね。

 

私は、こういったファンダメンタル分析で成功している方をみたことがありません。

 

 

また、相場のプロの連中の中にも一切いません。

 

逆張りや順張りという言葉は、その言葉の本当の意味を理解されずに独り歩きし、
様々な解釈がされています。

 

その中には、上記で説明したように、本質的に大切な部分が抜け落ちており、
それゆえいつまで経っても望む利益に近づいていけない、また間違って理解すると非常にキケンという問題があります。

 

ただ単純に安い株を買うことが、逆張りの買いではありません。

 

無料「緊急レポート」!! "日本株で安全に、短期間に稼ぐ方法" を差し上げます

 

 

「本物」のFX投資ノウハウ、情報

「本質のFXトレーディングノウハウと最新情報」


 

 

「日本ーウクライナーロシア」国際交流フォーラム

「日本ーウクライナーロシア国際交流フォーラム」

 

 

人気記事

-「株式投資」

Copyright© 「認知科学」で自己を変えて、投資やビジネスや人生に成功する方法 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.