抽象度の高い「メタ論理」を使って、全てを変えていくために

「認知科学」で自己を変えて、投資やビジネスや人生に成功する方法

「株式投資」 「FX」

株式投資で、「移動平均線を正しく読めない人」はヤバイ。どんなテクニカル分析を使っても絶対に勝てない。その「移動平均線」の基礎を考察します。

投稿日:

 

各種の移動平均線の考察と、ローソク足についての「原理原則」とは

 

メジャーなテクニカル分析と言えば、ロウソク足と移動平均線が双璧なのではないかと思います。

 

これに異論がある方はいない、と思います。

 

また、多くのトレーダーが共通して観ているもの、という意味で価値があります。

 

メジャーという事と、意味をしっかり理解しているという事は別の次元の問題で、

移動平均線がいかに重要であるか、また本当の使い方を正しく理解しているトレーダーは非常に少ないと思います。

 

 

また、プロトレーダー共通の意見として、

移動平均線を見ていても、その見方があまいね、という意見がありますね。

 

 

だいたい見る、では意味がないどころか、大怪我の元となります。

 

 

認知科学でいうところの、

 

「同じものを見ていながら、違うものを認識している」

 

というやつです。

 

脳内の[RAS]と[情動記憶]との関係性。認知で人はそれぞれが違うものを見ている?

 

 

移動平均線と言うテクニカル分析は、色々なテクニカル分析のルーツとなっているテクニカル分析です。

 

また、移動平均線を正しく読めない人は、移動平均線派生型のテクニカル分析を使っても、勝てない場合が多いようです。

 

逆に、移動平均線をしっかり読める人は、他の移動平均線派生のテクニカル分析もしっかり使いこなせますし、そもそも移動平均線派生テクニカル分析をほとんど必要としません。

 

 

逆にビギナーの方は、相場で勝てていない内は,複雑なテクニカル分析や組み合わせを意味があるものとして、ありがたがる傾向があると思います。

 

また、一部の株式のなんちゃって素人講師の中では、

「色々なテクニカルの組み合わせで精度があがります」

などと、わかったようなことを言っています。

 

 

これは、プロトレーダー達から言わせれば、

(本当は、移動平均線という道具を極めた方が儲かるのに)

という考えの対極にある思考です。

 

 

複雑系の株式相場を、素人が複雑に判断して勝てると考えるのは、
大きな間違いですよ。

 

上記が、シンプルだけど奥の深い、「移動平均線」と「ローソク足」いうツールでの取引をお勧めしている理由です。

 

相場で勝つ為には、相場をシンプルに見るという事が非常に重要です。

 

 

そして普通、移動平均線の利用法と言うと、

複数の移動平均線を表示させておいて、ゴールデンクロスやデッドクロスと言ったクロスサインでポジションを取ると言った手法が有名です。

 

しかし、実際の株式相場においては、クロスサインだけでのエントリーはタイミングを逸している場合も多く、これだけで勝ち続ける事は困難だと考えていいです。

 

つまり、移動平均線で相場を分析する上で、移動平均線のクロスのサインということよりも重要なことはたくさんあるわけです。

 

株式投資で、移動平均線の一番やばい使い方(おいしい局面)の説明と、今後大きく動く「ドル円」相場について

 

チャートの移動平均線の「日数」の設定についてのこと

 

私は、デフォルト表示の、日足で5日、25日、75日移動平均線をつかうことは疑問に思っています。

 

これは、昔の週休2日以前の週のカレンダー、

つまり日曜日だけが休みの時代の遺物ですね。

 

現在では素直に、5日(プラス7日も可)、20日、60日、100日、300日、

 

でいいと思います。

 

また特に、なぜ長期線がいるのか、と疑問を持つ方がいらっしゃると思いますが、

長期線には特別な意味があります。(長期線の場所、向きなど)

 

 

個人的には、チャートに表示させる移動平均線は5本は必要だと思っていますが、

中でも、5日移動平均線のもつ意味は、非常に深いと考えます。

 

つまり、5日線1本の移動平均から沢山の情報を得る事が出来ますね。

 

実際、5日移動平均線と、日足のローソク足だけでも短期トレードはできます。

 

次に、移動平均線の基礎を、移動平均線とローソク足の位置関係と言う観点から解説します。

 

移動平均線とは、一定期間のマーケットの平均コストを線でつないだもので、

移動平均線は以下の計算式で求めます。

 

5日間の移動平均線の場合=(P1 +P2 + P3 +P4 +P5) ÷ 5

P1 = 当日の終値、P2 = 前日の終値、P3 = 2日前の終値、P4 = 3日前の終値、P5 = 4日前の終値

 

移動平均線は、ある一定期間の終値の平均値を繋いでいったものです。

 

移動平均線を正しく理解する為には、この値が何を示すのかという事を知らなければなりません。

 

移動平均線の値は一定期間における売買の平均コストを示しています。

 

移動平均線は一定期間の売買の平均コストを示していますので、

現在のプライスと移動平均線の値の差は、

『一定期間に買った人の含み益の平均値』=『一定期間に売った人の含み損の平均値』という事になります。

 

ちなみにこれはプライスが移動平均線の上にある場合で、プライスが移動平均線の下にある場合は逆になります。

 

この事から、プライスが移動平均線の上にある場合は買い方は押し並べて含み益のある状態にあり、
売り方は押し並べて含み損のある状態にあるという事が分かります。

 

これが、移動平均線の上にプライスがあれば買い方有利、下にあれば売り方有利の意味となります。

 

しかし、ここで勘違いしてはならないのは、

『プライスが移動平均線の上にいればとりあえず買う』、

 

『プライスが移動平均線の下にいればとりあえず売る』

 

という事ではないという事です。

 

移動平均線を利用して投資で勝つ為には、

複数の移動平均線の「並び」や、

それぞれの「向き、方向」とローソク足の位置関係の変化を見ながら、

 

『底値買いが入りやすいレンジのポイント』や

『天井売りが入りやすい空売りのポイント』

 

などを考察して、そのポイントで仕掛けて行く事が必要となります。

 

無料「緊急レポート」!! "日本株で安全に、短期間に稼ぐ方法" を差し上げます

 

 

「本物」のFX投資ノウハウ、情報

「本質のFXトレーディングノウハウと最新情報」


 

 

人気記事

-「株式投資」, 「FX」

Copyright© 「認知科学」で自己を変えて、投資やビジネスや人生に成功する方法 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.