抽象度の高い「メタ論理」を使って、全てを変えていくために

「認知科学」で自己を変えて、投資やビジネスや人生に成功する方法

「コーチング「幸せの創造」

あなたの近くにいる、「起業家」、イノベーターという名の"サイコパス”

投稿日:2018年3月10日 更新日:

 

「サイコパス」というタイトルの本があります。

 

サイコパスとは、意外と私が今まで会った事がある人も該当していたのです。

 

もしかしたら、あなたの会社の同僚や上司にもサイコパス寄りの人がいるかもしれません。

 

この本を書いた人は、東京大学院で脳神経医学を専攻し博士課程を取得した方です。

つまり脳神経医学の専門家です。

 

 

そんな著者が提議する「サイコパス9個の特徴」とは、

1、
外見や語りが過剰に魅力的でナルシスティック2、
恐怖や不安、緊張を感じにくく、大舞台でも堂々とできる

3、
多くの人が論理的な理由でためらいを感じたり、危険に思ってやらない事も平然とやるため、挑戦的で勇気があるように見える

4、
お世辞や人を扱うのが上手く、有力者を味方に付けていたり崇拝者のような取り巻きがいる

 

5、
常習的にウソをつき話を盛る。自分をよく見せようと、主張をコロコロと変える

6、
ビッグマウスだけど飽きっぽくて物事を継続したり、最後までやり遂げる事は苦手

7、
傲慢で尊大であり、批判されても折れないし、懲りない

8、
付き合う人間がしばしば変わり、付き合いがなくなった相手を悪く言う

9、
人当たりはいいが、他者に対する共感性がない。

 

いかがでしょうか?

意外とサイコパスに該当する人物というのはまわりにいるかも?と私は思いました。

 

サイコパスとは、他人に対する「共感性」や「痛み」を認識する部分が一般人とは大きく違う事が判明されています。

 

つまり、連続殺人や強姦致傷といった凶悪犯罪を犯す人間だけがサイコパスに該当するわけではなく、起業家や経営者、または弁護士や外科医といった大胆な決断をしなければならない職種にも、サイコパスは多いという研究結果が出ていました。

 

米国では全人口の4%が、日本では全人口の1%がサイコパスであると言われています。

 

さて、ここからが私の意見なのですがサイコパスに該当し、法を犯すことをする人物以外は、私は「超個性」ととらえても良いかな、と思いました。

 

一般人と違う考え方を持っている、「イノベーター」と呼ばれるような今ある既成概念に
疑念を抱きそれらを壊す事は、一般人でも思いつくかもしれませんが、実際に、決断して行動には移せないものです。

 

「非言語コーチング大百科」で、人生を書き換える

 

ですが、私が今、頭の中で思い浮かぶ挑戦的で大きな決断をする起業家を思い浮かべても

100%とは言えませんが、先ほどの9個の特徴に彼らは何個か当てはまっていました。

 

ですから、サイコパスのネガティブな特徴である、ウソをついたり、最後までやり遂げるのが苦手だったり、付き合いがなくなった人を悪く言ったり、他人に対する共感性がなかったりと色々ありますが、

それ以上に、一般人では再現できない物事を成し遂げる能力があるのであれば、サイコパスという生き方もひとつの超個性として捉えてあげてもいいのではないでしょうか。

 

ただし、自分に実害が発生した場合には即座に距離を取るとは思いますが。

 

客観的立場でサイコパスを見れれば、それはそれで閉塞的な現状を壊すイノベーターになり得る人物像だと思います。

書くまでもないですが、犯罪者のサイコパスは論外です。

 

「本物」のFX投資ノウハウ、情報

「本質のFXトレーディングノウハウと最新情報」


 

 

人気記事

-「コーチング「幸せの創造」

Copyright© 「認知科学」で自己を変えて、投資やビジネスや人生に成功する方法 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.