抽象度の高い「メタ論理」を使って、全てを変えていくために

「認知科学」で自己を変えて、投資やビジネスや人生に成功する方法

「コーチング「幸せの創造」

スーパーコーチがやっている!たった一つのコミュニケーション方法とは?!

投稿日:2018年3月10日 更新日:

選手にどんな声を掛けたらいいのか?

 

怒った方がいいのか?褒めた方がいいのか?

 

選手を甘やかしては図に乗るから・・・

 

スポーツや会社運営など、指導をする立場の方々にとって、自分のチームメンバーと如何にしてコミュニケーションを取っていくのか?
で悩まれている方がたくさんいらっしゃいます。

 

しかし、指導者、経営者の方が選手や従業員に対して特別なことをしたり、言ったりする必要は全くありません。

 

人をまとめていく立場になった途端に「何か特別なことをしなくては!」というスコトーマ(心理的盲点)が働く方が非常に多い現状があります。

 

優秀だったはずの指導者が狭い視野の中で才能を発揮できないことは非常にもったいないことです。

 

選手とコミュニケーションをしていく上で、心がけて欲しいたった一つのプリンシプルがあります。
それは「未来(ゴール)に意識を向ける」ということです。

 

今回は優秀なチームを育てていく為のたった一つの心がけをご紹介します。

未来の情報空間 へ「アクセス」することが必要

 

あいつのこんな所がダメだ・・・
こいつはなぜいつもこうなんだ・・・

 

指導者の方の口から、よくこんな言葉を聞くケースがあります。

自分のチームの選手に対して気に食わないことを並べて、永遠に文句を言っている指導者の方が多いのが現状です。

 

もちろん選手を見ていれば、もの足りないところや直したいところが目につくこともあるでしょう。

しかし、「選手のもの足りないところ」を見ているということは、その選手の「現在を含めた過去」を基準に見てしまっており、

それ以外の全てのことがスコトーマ(心理的盲点)に隠れ、

良いところや素晴らしい点、伸ばしていくべき才能、「その選手自身の未来(ゴール)」という視点すらも指導者にとっては全く見えなくなってしまいます。

 

過去を見て愚痴を言うのではなく、未来を見て行動していくことこそ、優秀なコーチのあるべき姿です。

 

選手のゴールは選手が決める

お前はなぜこんな簡単なことができないんだ!

 

もっと頭を使え!

 

なぜ言われないとわからないんだ!

 

こんな言葉も、弱いチームの指導者の方からよく発せられる言葉です。

これも、選手に対して「叱咤激励」のように見えるかもしれませんが、プロコーチの立場からすると、選手のエフィカシー(自己能力の自己評価)を下げ、パフォーマンスをただ下げているだけに他なりません。

 

指導者の方がこうなってしまう原因は、「選手自身とゴールを共有できていない」ということにあります。

 

それぞれの選手には、それぞれの人生があり、それぞれのゴールがあります。例えば野球チームに所属している選手であれば、
プロ野球選手になりたい、というゴールを抱いている子もいるでしょうし、とにかく野球が好きだから、思い切り野球を楽しみたい!というゴールを抱いている子もいるでしょう。

 

小さい頃から身体が弱いから、野球を通じて心も身体も鍛えたい!といったゴールを持っている子もいるかもしれません。

 

同じチームに所属しているとはいえ、選手それぞれのゴールは十人十色様々です。

 

もちろん団体競技である以上「試合に勝利する」という大きなゴールがあることは確かです。

 

しかし本当に強い「勝利」を掴むチームを作っていくには「選手それぞれが自分自身のゴールを達成できる」環境を作っていくことこそが、一番の近道です。

 

逆に上のような間違った叱咤激励をしてしまう指導者は「指導者自身のゴール」を押し付けているに他なりません。

 

それは非常に危険です。

 

だからこそ、「選手それぞれの未来(ゴール)」に徹底的に興味を持ち、どんな選手になっていきたいのか?

もっと大きな視点で見ると、どんな人間になっていきたいのか?をしっかりと観ていく。

または引き出して上げることが大切なのです。

 

ゴールありきのコミュニケーションが選手の未来を切り開く

キミの理想のプレーはどんなプレー?
今のプレーはどうだった?
もっとこのプレーの精度を上げるには、どんなことが必要だと思う?

 

もちろん完璧な選手などいませんから、エラーをしたりミスをしたり、失敗をする場面も多々あるでしょう。

 

しかし、そんなときこそ「未来(ゴール側)」に意識を向けながら、その選手がどんな未来を描いているのか?

また、描き切れていないのなら「どんなゴールを持って取り組んでいきたいか?」を共に寄り添って見つけていくことこそ、本当に優秀なコーチ、スーパーコーチのすべきことです。

 

色んなコミュニケーションを取ることは、非常にエキサイティングです。
指導者の立場からすると見えない視点や、思わぬゴールを持っている選手もたくさん出てくるはずです。

 

まさに指導者にとって「スコトーマ」が外れる瞬間がたくさん訪れるでしょう。

 

選手達はプレーの中で、あるいは野球人生のなかで様々なことを感じ、考えているものです。

 

それを引き出してあげること、さらにそれを一緒にアップデートしていくことこそ、コーチや指導者の本当の面白さです。

 

「ゴール側」を意識しながら、様々な角度から色んなコミュニケーションを取ってみましょう。

 

きっと指導者の方が思っている以上に、選手達は素晴らしい才能を隠し持っています。

 

<まとめ>

・愚痴をこぼすヒマがあれば、未来を観て行動する。それがスーパーコーチ。

 

・選手たちにもそれぞれの人生があり、ゴールがある。それを尊重することこそ、スーパーコーチの役割

 

・「ゴール側」に意識を置いたコミュニケーションこそ、未来を切り開く大きなヒントになる。

 

「本物」のFX投資ノウハウ、情報

「本質のFXトレーディングノウハウと最新情報」


 

 

人気記事

-「コーチング「幸せの創造」

Copyright© 「認知科学」で自己を変えて、投資やビジネスや人生に成功する方法 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.